「生活習慣」カテゴリーアーカイブ

高エネルギー、高プリン体食品のつまみは避ける

ビール+高プリン体食品では尿酸値が急上昇の危険性も

高尿酸血症の人はできれば禁酒したほうがいいのですが、適量を守って飲酒する場合でも、つまみの内容には注意しなければなりません。

ひと昔前と違い、痛風・高尿酸血症の治療で、プリン体の多い食品(高プリン体食品)を徹底的に排除する食事療法は「時代遅れ」とされるようになってきています。食事など体外から摂取するプリン体は、尿酸値の上昇に直接的には結びつかないことがわかってきたからです。
そうしたことから最近では、プリン体を気にするよりも、さまざまな食品をバランスよくとることのほうが大切とされています。しかし、だからといって、高プリン体食品を無制限にとってもいいとうことにはなりません。高プリン体食品を一度にたくさんとれば、体内の尿酸量は確実に増加します。ましてプリン体含有量の多いビールを大量に飲んだうえに、高プリン体食品をたくさん食べれば、それこそダブルパンチです。尿酸値は急上昇する危険性があります。

高プリン体、高エネルギー食品は避け、野菜や海藻類をたっぷりとる

皮肉なことに、酒の肴に合う食品にはプリン体をたっぷり含むものがうまみ多くなつています。プリン体は旨味のもとでもありますから、酒の肴に多いのは当然かもしれませんが、今後は居酒屋などで注文するときに気をつけるようにしたいものです。同時に、酒の肴には脂肪たっぷりの高エネルギー食品も多いので、その点にも注意が必要です。プリン体が多いつまみの代表的なものを挙げると、レバーをはじめとする焼き鳥、モツの煮込み、あんこうの肝、白子、いわしやあじなどの青背魚、いくらやたらこなどの魚卵類、まぐろの大トロやかつおなどとなります。

いずれも酒の肴として人気が高く、ごく普通に食べられているものばかりです。こうしたものを全面的に控える必要はありませんが、できるだけ避けて一度に食べる量を減らすなどの工夫をするようにしましょう。

逆に、低エネルギーでプリン体の心配も少ないメニューを挙げると、野菜のサラダや煮物、海藻の酢の物やサラダ、きのこ類の煮物や蒸し物、豆腐や納豆などの大豆製品、白身魚の刺し身などになります。野菜サラダで酒か、などと文句のひとつも言いたくなる人もいるでしょうが、健康を考えて、少しずつ慣らしていくように努力しましょう。習慣は時間をかければ変えることができます。

ビールは体内の老廃物を流してくれるのか?

酒にまつわる俗説のひとつに「ビールは体内の老廃物や毒素を尿といっしょに流し出してくれるから、健康にいい」という説があります。
しかし、これは俗説も俗説、まったくのデタラメです。ビールを飲んで尿が多く出るのは、ビールの利尿作用が強いからで、飲んだど一ルの水分はもちろん、もともと体内にあった水分までも尿して流し出してしまいます。そのせいで、体が脱水症状になることがあります。

大量飲酒をすると、夜中にのどが渇いて目が覚めることがあるのはそのためです。そうかといって、尿といっしょに老廃物や毒素が流し出されるわけではありません。ビールは飲めば飲むほど脱水症状が進み、アルコールの害毒が全身にばらまかれるだけです。

ついつい飲み過ぎてしまう人の節酒方法はコレ!

全面禁酒する必要はないが、できるだけ節酒を心がける

健康診断で尿酸値が高いという結果が出て、医師からアルコールを控えるように言われても、酒好きな人にとっては簡単なことではありません。

むしろ生きがいを奪われる思いで、途方に暮れてしまう人も多いことでしょう。でも、ほかの差し迫った疾患、たとえば重度の糖尿病や心臓病、脳卒中などの患者に比べれば、そんなに急激に「全面禁酒」を考えなくてもよいのは救いです。

適量を守っていれば、よほどの重症で、医師から全面禁酒を宣告されているのでない限り、問題はないでしょう。しかし、酒好きの人にとって、適量を守るのは至難のワザともいえます。よほど気をつけていても、ついまうケースが多いのではないでしょうか。
そんな人は次のような方法で、酒の適量を守るように心がけましょう。大好きな酒を制限しなければならないと嘆いてばかりいるのではなく、これも健康を取り戻すために行う生活改善の一環で、むしろいい機会と前向きにとらえ、節酒に真剣に取り組みましょう。

アルコールの害を減らす飲み方の工夫5つのポイント

  1. 空腹時には飲まない
    空腹時は体が一種の飢餓状態にありますから、なにをとってもおいしく感じられます。酒も例外ではなく、「すきっ腹に冷や酒を流し込むのがつう通の飲み方」などといわれます。これでは量が進んでしまうばかりです。また、空腹時は体が栄養分をできコールの害が通常より大きくなることが懸念されます。空腹時は飲酒を避けるのと同時に、飲む前には最低でもチーズや牛乳、バナナなどをとっておくようにしましょう。
  2. 食べながら飲む
    酒は空腹のまま飲み続けると、吸収率がアップし、尿酸の産生を高めます。飲むときは高たんばく・低脂肪のつまみをとるようにしましょう
  3. 水を飲みながら飲む
    大きな器に水を用意しておいて、酒を飲んだら、すぐに同量の水を飲むようにします。飲酒によって尿量が増えることで起こる脱水症状が防げるほか、飲みすぎや悪酔いの防止になります。ただし、酔いの回りが遅くなるため、いつもより飲みすぎてしまう人もいますから要注意。
  4. ゆっくり飲む
    ピッチの早い飲酒は肝臓や胃腸に大きな負担となります。尿酸値を急上昇させないためにも、飲むときは極力ゆっくりを心がけましょう。
  5. 強い酒は薄めて飲む
    アルコール濃度の高い酒を飲むと、体は短時間に多くのアルコールを吸収することになり、体への負担が大きくなります。水やお湯で割って飲む習慣をつけましょう。ビールなど炭酸入りの酒も吸収が早いので注意が必要です。
各種アルコールのエネルギー量からみた適量
  • 日本酒 1合(180ml)185kcal
  • ビール 中ビン1本(500ml)200kcal
  • ウィスキー ダブル1.5杯(90ml)213kcal
  • ワイン グラス2杯弱(200ml)175kcal
  • 焼酎 グラス1杯(150ml)219kcal
エネルギー量からみたアルコールの適量

純粋なアルコール量から算出した酒の適量はとは別にエネルギー量からみた適量もあります。これは、アルコールでとるエネルギーの許容限度は1日の総摂取エネルギーの1割以下という目安に基づいたものです。たいアルコールのエネルギーは、体内ですぐに代謝されて熱に変わる性質があるため「工ンプテイーカロリー」などといわれますが、実はそのエネルギー量は高く、飲みすぎるとエネルギーの過剰摂取につながります。

1日の総摂取エネルギーの1割以下に抑えておけば、肥満や生活習慣病を心配することなく、ホロ酔いを楽しむことができます。上に、主なアルコールのエネルギー量からみた適量を示したので、参考にしてください。

適量をしっかり守り週に2日連続の休肝日

純アルコールで20グラムが基準、日本酒1合、ビールなら中瓶1本

酒は適量を守って飲むことが大切と、それこそ耳にタコができるくらい聞かされている人も多いことでしょう。

では、アルコールの本当の適量とは、一体どのくらいなのでしょうか。アルコールの適量は、1日に「純アルコールにして約20グラム」と、科学的に割り出されています。

これは、肝臓が約3時間で分解・処理できる量に当たります。もちろん、肝臓のアルコール処理能力には大きな個人差がありますから、この数値が万人に当てはまるわけではありません。

あくまでも平均の数値ということになります。この量の範囲内であれば、たとえば夜の9時に飲み終わると、就寝時処理は終わっている計算になります。これなら肝臓は余裕をもってアルコール処理ができ、就寝中や翌日までフル稼働しなければならないという事態は確実に避けることができます。
飲酒を夜9時までにすることで不快な二日酔いが予防できる
では、「純アルコールにして約20グラム」という量は、実際にはどのくらいになるのでしょうか。各種のアルコールに当てはめると、それぞれ次のような量が「適量」として算出されます。

  • 日本酒/1合
  • ビール/中瓶1本
  • ウィスキー/ダブル1杯
  • ワイン/グラス2杯
  • 焼酎(25度)/コップ2分の1杯弱

週に2日連続の休肝日が肝臓を健康に保つ

これらの量は、よほど酒に弱い人といえるかもしれません。酒豪タイプの人にとっては、まさに「なめる程度」の量といったところではないでしょうか。

しかし、いずれも肝臓が3時間で分解・処理できるアルコール量から計算したものですから、否定したり、無視したりすることはできません。

たとえ酒豪タイプで、自分の肝臓のアルコール分解能力はケタが違うんだという人でも、この量を守っていれば、アルコールに関する限り、痛風をはじめとする生活習慣病の心配はまずないといえます。

アルコールの適量が思った以上に少ないことに加え、のんべえ諸氏にはさらに厳しい追い打ちが待っています。「休肝日」です。休肝日とはご存じのとおり、アルコール類をまったく飲まないで、肝臓を休める日のことです。現在の医続してとるのが望ましいとされています。量を大幅に制限された上に、2日間にもわたる断酒とはという嘆きの声が聞こえてきそうですが、あくまでも科学的根拠に基づいたものですから、しかたがありません。
むしろ、たとえば日本酒に換算して5合、1升と飲んだときのことを想像してみてください。肝臓のアルコール処理能力は平均して1合で3時間ですから、5合で15時間、1升では30時間にもなります。

肝臓は「物言わぬ臓器」と呼ばれ、働き者で知られています。それだけに日ごろから大切に扱っていないと、気づいたときには取り返しのつかない障害を負っていることも珍しくありません。適量と2日連続の休肝日は、肝臓を健康に保つための条件なのです。ぜひ守るように心がけましょう。

運動後のビールは要注意

仲間とスポーツを楽しみ、心地よく汗を流した後、生ビールをクイグイと流し込むのが生きがいという人がたくさんいます。しかし、この飲み方は、尿酸値を急上昇させることがわかっていますから要注意です。スポーツなどで運動をしてエネルギーを燃やした後の空腹状態は、体にとっては一種のきが飢餓状態といえます。脳は、このままでは生存の危機だから、摂取した飲食物はできる限り吸収しろという指示を発しています。そこヘビールを流し込んだら、体は最大限に吸収しようとし、その結果、ふだん飲むヒールよりもアルコール分の吸収が高まり、尿酸値の急上昇につながるわけです。スポーツのあとは、水や麦茶などで十分な水分補給をするように心がけましょう。
悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方

アルコールは尿酸値を上昇させ、痛風発作の引き金に

適量を守ればお酒は健康効果がある

酒は昔から百薬の長といわれ、心身に大きな健康効果をもたらします。適度な飲酒は、食欲の増進、血行の促進、血圧の正常化、心身の疲労回復、ストレス解消など、実にさまざまな効果をもたらすことが医学的にも証明されています。

しかし、アルコールには、それとはまったく逆の面があります。多くの人が、深酒をしてひどい二日酔いに苦しんだ体験をしているように、アルコールは適量を超えると、体にとっては害以外の何ものでもありません。それだけに、適量を超えた飲酒を長期間にわたって続けていると、アルコールの害は全身に及び、大切な臓器などに深刻な障害を引き起こします。
お酒は「百薬の長」か?[本当]

大量の飲酒は肝臓以外にもさまざまな臓器に障害を起こす

アルコールによる健康障害の主な例として、まずアルコールを分解する臓器である肝臓の障害が挙げられます。過度のアルコールが連続して体内に入ると、肝臓の分解・処理能力を超えてしまいます。そうなると肝臓そのものが疲れきり、機能低下を起こしてしまいます。
症状が進むと、たとえば、脂肪肝から慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへと移行する危険性があります。そのほかアルコールは、新たな国民病といわれるほど患者が急増している糖尿病を引き起こす危険因子になったり、脳や腎臓に障害を起こす原因になったりします。
依存症になって、正常な日常生活が送れなくなる場合もあります。過度の飲酒は絶対に避けるようにしましょう。
2週間の禁酒が脂肪値を半分に

アルコールは尿酸排泄を抑制痛風発作は飲酒の翌日に多い

アルコールは、尿酸値を上昇させる作用もあります。痛風患者は美食家に多いといわれますが、同時に大酒家に多いのも事実です。
美食に酒はつきものといったところでしょうが、実際、痛風発作は、大量の飲酒をした翌日に起こることが多くなっています。では、なぜアルコールは尿酸値を上昇させるのでしょうか。

そもそもアルコールには、尿酸のもとになる物質(ATP)を分解する作用があり、体内に入っただけで尿酸の産生を促進します。また、アルコールが体内で分解されてできる乳酸などの物質が、腎臓の機能に影響を与え、尿酸の排泄にブレーキがかかってしまうこともわかっています。
尿酸値の高い人は絶対に禁酒しなければならないというわけではありませんが、なるべく控えるに越しことはありません。飲む場合も、適量を守り、週に2日の「休肝日」を設けるようにしましょう。
日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内というのは常に頭に入れておくべきでしょう。

プリン体の少ない焼酎でも中性脂肪を上昇させる

酒にはさまざまな俗説や迷信がつきまとっています。なかでもよく耳にするのが、「焼酎はプリン体が少ないから、尿酸値を上げない」というもの。
しかし、この説には科学的根拠は全くありません。確かに焼酎には、ほとんどプリン体が含まれていません。あらゆるアルコールの中で、含有量は最低です。しかし、だからといって尿酸値を上げないかというと、事実は逆です。
アルコールは体内に入ると、尿酸のもとになる物質(ATP ) の分解を促進し、尿酸をどんどんつくり出します。
これはアルコールという成分の働きであって、飲んでいるアルコールにプリン体が含まれているかどうかは関係ありません。焼酎でも適量を超えて飲みすぎれば、尿酸値を上昇させますから要注意です。

過激なダイエットは危険なうえに逆効果

急激な減量は筋肉量を減らし、リバウンドで増えるのは脂肪

ダイエットを始めると、目に見えて体重が減るなどの効果が現れないと続ける気がしないと、多くの人が口にします。確かに、毎日、体重計に乗るたびに体重が減っていれば、大きな励みになりますから、もっと頑張ろうという気もわいてきます。

しかし、多くの場合、そこに大きな落とし穴が待っています。短期間に何キロもの減量を行うと、必ずといっていいほど反動が起こり、ほとんどの人がリバウンドをしてしまいます。短期間で減量を行い、すぐにリバウンドを起こすと、ダイエットを開始する前よりも脂肪の量が増え、しかも以前よりやせにくい体になってしまうのが普通です。

ダイエットを開始して体重が減少するのは、脂肪ではなく筋肉の量が減るからです。逆にリバウンドで増えるのは、すべて脂肪です。
急激な減量とリバウンドは、筋肉量を減らして脂肪を増やす結果を招きます。筋肉は体の中でエネルギーを最も燃焼させる組織ですから、筋肉量が減ると脂肪を燃やしにくくなり、脂肪の蓄積に拍車をかけることになります。

無理なダイエットは結局、逆効果にしかなりません。いま、健康意識の高まりを背景に、さまざまなダイエットが人気を集めていますが、「2 週間で5キロ減」とか「運動なしでみるみる○キロ減」など、即効効果をうたったダイエット法は危険です。宣伝文旬につられず、避けたほうが賢明です。

骨量、骨密度を減らし、神経系の障害を招くことも

過激なダイエットは結果的に脂肪を増やしてしまうばかりでなく、健康に思わぬ悪影響を与えます。急な減量は筋肉の量を落とすといいましたが、それどころか骨の量までも減少させてしまいます。

骨密度が落ちると、骨がスカスカになり、骨粗鬆症などの原因になるなど、骨折しやすくなってしまいます。また、急な減量は体のあちこちに負担を強い満ため、体調をくずしやすくなります。神経系に障害が起こることもあり、そうなると自律神経失調症を引き起こしたり、ホルモンバランスの乱れを招いたりして、より深刻な事態をまねく危険性があります。
女性には骨粗鬆症が多い

尿酸値が高くてダイエットが必要だからといって、くれぐれも無理な減量はしないようにしましょう。ダイエットはあくまで、地道に、着実に、一定の期間をかけて行うものなのです。
30~40代ではじめる太らない体づくりがとても参考になるでしょう。

肥満者は、やせるだけで尿酸値が下がる

過食と運動不足はすぐに改善する

健康診断で尿酸値が高いという結果が出たり、不幸にして痛風発作を経験したとしても、悲観的になる必要はありません。むしろ健康を考えるいい機会と前向きにとらえ、まず何よりも自分の生活習慣を全面的に見直すようにしましょう。

高尿酸血症、そしてそこから引き起こされる痛風は生活習慣病ですから、治療・改善するには生活習慣の見直しが不可欠になります。
なかでも特に重要なのが食事と運動、ストレス対策です。過食、大食をくり返し、運動をほとんどしないまま、ストレスいっぱいの生活を送っていたら、どんなに健康な人でも遠からず何らかの健康障害が出てくると考えたほうがいいでしょう。

しかし、多くの現代人は、よほど気をつけていないと、好きなものをおなかいっぱい食べ、仕事に追われながら運動らしい運動もせず、ストレスを日々ため込んでいる、という生活になりがちです。生活習慣病が増えるのは当然です。

肥満している人には尿酸値の高い人が多い

乱れた生活習慣が招く健康の大敵、それは第一に肥満です。肥満はあらゆる生活習慣病の温床といわれていますが、尿酸値とも密接な関係があります。

肥満すれば即、高尿酸血症、あるいは痛風を発症するというわけではありませんが、肥満している人の尿酸値は、適正体重の人に比べて高いのが現実です。

肥満している人がダイエットに成功すると、ほとんどの場合、尿酸値も低下します。肥満と尿酸値の関係はまだ解明されていませんが、肥満が尿酸代謝を狂わせ、尿酸の産生を増やしたり、排泄を抑制するように働くほか、肥満を招く過食、運動不足、あるいは過度のストレスなどといった生活習慣が体内のプリン体の産生を促進し、尿酸値を上昇させるものと考えられています。

同じ肥満でも、最近は内臓脂肪型肥満に注目が集まっています。これは体のまわりではなく、腹部の内臓のまわりに大量の脂肪がつく肥満で、生活習慣病の元凶であることがわかってきました。

内臓脂肪の脂肪細胞からはさまざまな生理活性物質が分泌されており、これらが血圧を上昇させたり、インスリンの働きを低下させて血糖値を上げたり、血栓(血液の固まり)をつくりやすくして動脈硬化を促進したりすることが解明されてきたのです。
酵素+青汁の新しい「酵素入り青汁 リッチグリーン」で脂肪も分解し、腸を活性化

尿酸値を上昇させる生理活性物質は発見されていませんが、内臓脂肪が高尿酸血症に合併しやすい高血圧や糖尿病、高脂血症の誘因になっていることは確かです。肥満を放置しておいては、どんな生活習慣病も改善することはできません。積極的にダイエットに取り組みましょう。