月別アーカイブ: 2017年8月

民間療法など非科学的な治療法に惑わされない

酒好きやグルメには生活改善は簡単ではない

痛風の治療は多くの場合、一生続けなければならないなど、非常に長期にわたります。ずっと尿酸降下薬をのみ続けなければならないのはもちろん、生活改善の努力も継続して行わなければなりません。

ある期間、生活改善を徹底的に行い、以後、それが新しい生活習慣として完全に身についてしまった場合は問題がありません。しかし、そう簡単にはいかないのが現実であり、多くの人の実感でもあります。特にお酒や食べ歩きが大好きで、いわゆるグルメといわれるような生活を送り、またそれらを生きがいとしてきたような人にとっては、生活改善の必要性を頭では理解しても、なかなか実践が難しいものです。

それどころか、しばらく生活改善の努力を続けたあと、がまんが限界に達して大量飲酒やどか食いに走ったりするケースなどもよく耳にします。痛風発作は二度といやだけど、生活改善もできることならしたくないというのが、ほとんどすべての痛風患者の本音といえるでしょう。

「健康食品」や「健康法」は根拠のないものが多い

生活改善がなかなかうまくいかないと、何か「特効薬」になるものはないかと、真剣に探し求める人も出てきます。その気持ちもわからないではありません。そんな患者心理を見透かすように、「これで尿酸値は確実に下がる」「あらゆる生活習慣病を撃退できる」などという「健康食品」や「健康法」「ダイエット法」が、各種のマスコミやインターネット、街角の店頭などにあふれかえることになります。

これらすべてが無効、あるいは逆効果などと断じるつもりは毛頭ありません。なかには確かに健康効果があるだろうと推測されるものもありますし、健康にいいと信じて摂取することで心理的に健康効果が上がることも考えられないではありません。ただし、痛風・高尿酸血症を魔法のように治してしまう「健康食品」となると、首をかしげざるを得ません。

痛風・高尿酸血症は尿酸の代謝異常が原因で起こる疾患です。そのメカニズムが解明されて以来、生活改善療法や薬物療法が研究され、科学的な治療法として確立されてきたのです。ここまで積み上げられてきたこれらの医学の成果を信頼し、根拠のない「健康食品」や「健康法」の甘い言葉に惑わされることなく、生活改善療法と薬物療法を根気よく続けてください。

漢方薬では尿酸値は下がらない

これとは別に、漢方薬で尿酸値は下げられるかという質問をよく受けます。漢方には西洋医学にはない効果もたくさん認められますから、大いに活用されてしかるべきだと思いますが、これまでのところ痛風発作を改善したり、尿酸値を下げる効果があるという研究発表はなされていません。やはり生活改善と薬物療法を地道に続けるのが最善だといえるでしょう。

薬物療法は医師の指示を守って行う

自己判断による服用の中断は尿酸値の乱高下を招く危険も

痛風発作を起こして病院に駆け込んだ人、健康診断で高尿酸血症と診断されて薬物治療を始めた人、経過はどうあれ、薬物治療を始めたら担当の医師の指示をしっかり守ることが最も大切になります。

尿酸降下薬は概して効果が大きく、きちんと飲めば尿酸値の改善に敏感に作用する一方、使用法を誤ると重大事にもなりかねません。
ここまで解説してきた、痛風・高尿酸血症の治療におけるさまざまな種類の薬は、医師の選択次第で効果が大幅に違ってきます。薬の選択だけではなく、1日の服用量や服用時間なども患者によって微妙に異なつてきます。医師はこうしたことを十分に考慮し、最適な処方を心がけるわけです。

こうした医師の処方箋には、確固とした医学的根拠があります。もし患者が勝手な判断で服用を中止したり、1回の服用量を自己判断で増減したりすると、治療効果が半減するばかりか、尿酸値が思わぬ乱高下をくり返す危険性もあります。そうなると、尿酸値の正常化どころか、コントロールがきかなくなり、治療前よりも危険な状態さえ招きかねません。くれぐれも自己判断で薬をやめたり、薬の量や服用時間などを変え変えないようにしましょう。

尿酸値が安定しても薬の服用の中断は危険

痛風・高尿酸血症の治療は、多くの人が真面目に取り組む一方、自己判断で途中でやめてしまう人も後を断ちません。痛風発作と高尿酸血症の治療はまったく別のものです。よくみられるのが、痛風発作がおさまったとたんに治療をやめてしまうケースです。

これでは発作の根本原因がまったく解決されておらず、いつ再発するかわかりません。もうひとつありがちなのは、「尿酸降下薬を1 年ほど服用したあと、「もう発作の心配もなくなったからいいだろう」と、勝手に服用を中止してしまう例です。

実はこれも非常に危険です。理由は非常に明快で、尿酸降下薬を中止したとたん、尿酸値が再び急上昇し、発作の再発の危険性を高めるからです。治療を始める当初は、痛風の治療は生涯続くという覚悟があっても、1年、2年と痛風発作もなく、定期検診でも尿酸値が正常範囲内にあるとなると、つい油断してしまう人もいるでしょう。仕事の忙しさなどが重なることで、通院がおろそかになるケースもみられます。

薬物治療と生活改善が相乗的に効果を発揮すれば、「薬物治療は一生必要」という常識はひっくり返すことが可能です。本当の意味で薬が必要なくなるまで、自己判断による中止は絶対に避けるようにしたいものです。
痛風・高尿酸血症の治療に使われる薬について

薬の効きすぎ、副作用に注意する

尿酸降下薬の効果は高い多めに服用すると危険

風発作を起こして病院に駆け込んだときは、この先一体どうなってしまうのだろうと、多くの人が激しい不安を感じます。しかし、治療を開始すると、ほとんどの場合、痛風発作の痛みや腫れなどの症状はまもなく改善されます。

その後、担当の医師から痛風に関する説明を聞き、尿酸値をコントロールする本格的な治療を開始することになります。その際も、尿酸値をちゃんと下げることができるのか、もし下がらなかったら、またあの痛風発作の激痛が襲ってくるのかと、多くの人が強い不安を感じます。

しかし、痛風降下薬は医学的に効果が立証されているものばかりですし、医師も患者の病状や尿酸増加のタイプ、体質などを詳しく調べてから最善の処方をしますから、よほど特別な事情がない限り、尿酸値は順調に低下します。

尿酸値のコントロールに関しては、医師の指示どおりに薬を服用することだけを実行していけば、まず何の心配もありません。むしろ、早く治したいと気持ちが先走って、自己判断で薬を多めに服用したり、うっかりのみ忘れてしまったりすることのほうが問題になります。医師の指示を守らないと尿酸値が激しく乱高下し、痛風発作の再発などの危険性が高くなります。

ほとんどの副作用は軽度だがまれに重い肝障害が起きることも

尿酸降下薬の副作用についても、基本的にそれほど大きな問題になるようなものはありません。また、医師も患者の病状やタイプに合わせて慎重に処方しますから、心配したり神経質にったりする必要はありません。

ただし、薬はあくまで体にとっては異物ですから、副作用がまったくないということはありません。主な尿酸降下薬の特徴的な副作用を記しておきますので、もし自覚症状があったら、早めに医師に報告して、指示を仰ぐようにしましょう。

尿酸排泄促進薬
  • プロベネシド
    非ステロイド系抗炎症薬や経口糖尿病薬、一部の抗生物質を併用すると薬が効き効きすぎたり副作用が強まるなどの相互作用があるのので要注意です。主な副作用としては下痢などの胃腸障害、皮膚の発疹などですがいずれも軽度です。
  • ベンズブロマロン
    副作用としてはまず第一に服用の初期に尿酸値を急激に低下させて「尿酸の下降型発作」を誘発することです。また、尿酸の排泄量が増えるため、尿路結石ができることもあります。極めてまれですが、肝臓に障害を起こす場合もありますので、肝機能検査を定期的に行う必要がありま
尿酸生成抑制約
  • アロプリノール
    副作用としては、軽い胃腸障害や皮膚の湿疹がありますが、いずれもごく軽いものです。ただし、腎臓に障害がある人の場合は、再生不良性貧血や中毒症侯群などの副作用の心配があります。