民間療法など非科学的な治療法に惑わされない

酒好きやグルメには生活改善は簡単ではない

痛風の治療は多くの場合、一生続けなければならないなど、非常に長期にわたります。ずっと尿酸降下薬をのみ続けなければならないのはもちろん、生活改善の努力も継続して行わなければなりません。

ある期間、生活改善を徹底的に行い、以後、それが新しい生活習慣として完全に身についてしまった場合は問題がありません。しかし、そう簡単にはいかないのが現実であり、多くの人の実感でもあります。特にお酒や食べ歩きが大好きで、いわゆるグルメといわれるような生活を送り、またそれらを生きがいとしてきたような人にとっては、生活改善の必要性を頭では理解しても、なかなか実践が難しいものです。

それどころか、しばらく生活改善の努力を続けたあと、がまんが限界に達して大量飲酒やどか食いに走ったりするケースなどもよく耳にします。痛風発作は二度といやだけど、生活改善もできることならしたくないというのが、ほとんどすべての痛風患者の本音といえるでしょう。

「健康食品」や「健康法」は根拠のないものが多い

生活改善がなかなかうまくいかないと、何か「特効薬」になるものはないかと、真剣に探し求める人も出てきます。その気持ちもわからないではありません。そんな患者心理を見透かすように、「これで尿酸値は確実に下がる」「あらゆる生活習慣病を撃退できる」などという「健康食品」や「健康法」「ダイエット法」が、各種のマスコミやインターネット、街角の店頭などにあふれかえることになります。

これらすべてが無効、あるいは逆効果などと断じるつもりは毛頭ありません。なかには確かに健康効果があるだろうと推測されるものもありますし、健康にいいと信じて摂取することで心理的に健康効果が上がることも考えられないではありません。ただし、痛風・高尿酸血症を魔法のように治してしまう「健康食品」となると、首をかしげざるを得ません。

痛風・高尿酸血症は尿酸の代謝異常が原因で起こる疾患です。そのメカニズムが解明されて以来、生活改善療法や薬物療法が研究され、科学的な治療法として確立されてきたのです。ここまで積み上げられてきたこれらの医学の成果を信頼し、根拠のない「健康食品」や「健康法」の甘い言葉に惑わされることなく、生活改善療法と薬物療法を根気よく続けてください。

漢方薬では尿酸値は下がらない

これとは別に、漢方薬で尿酸値は下げられるかという質問をよく受けます。漢方には西洋医学にはない効果もたくさん認められますから、大いに活用されてしかるべきだと思いますが、これまでのところ痛風発作を改善したり、尿酸値を下げる効果があるという研究発表はなされていません。やはり生活改善と薬物療法を地道に続けるのが最善だといえるでしょう。

薬物療法は医師の指示を守って行う

自己判断による服用の中断は尿酸値の乱高下を招く危険も

痛風発作を起こして病院に駆け込んだ人、健康診断で高尿酸血症と診断されて薬物治療を始めた人、経過はどうあれ、薬物治療を始めたら担当の医師の指示をしっかり守ることが最も大切になります。

尿酸降下薬は概して効果が大きく、きちんと飲めば尿酸値の改善に敏感に作用する一方、使用法を誤ると重大事にもなりかねません。
ここまで解説してきた、痛風・高尿酸血症の治療におけるさまざまな種類の薬は、医師の選択次第で効果が大幅に違ってきます。薬の選択だけではなく、1日の服用量や服用時間なども患者によって微妙に異なつてきます。医師はこうしたことを十分に考慮し、最適な処方を心がけるわけです。

こうした医師の処方箋には、確固とした医学的根拠があります。もし患者が勝手な判断で服用を中止したり、1回の服用量を自己判断で増減したりすると、治療効果が半減するばかりか、尿酸値が思わぬ乱高下をくり返す危険性もあります。そうなると、尿酸値の正常化どころか、コントロールがきかなくなり、治療前よりも危険な状態さえ招きかねません。くれぐれも自己判断で薬をやめたり、薬の量や服用時間などを変え変えないようにしましょう。

尿酸値が安定しても薬の服用の中断は危険

痛風・高尿酸血症の治療は、多くの人が真面目に取り組む一方、自己判断で途中でやめてしまう人も後を断ちません。痛風発作と高尿酸血症の治療はまったく別のものです。よくみられるのが、痛風発作がおさまったとたんに治療をやめてしまうケースです。

これでは発作の根本原因がまったく解決されておらず、いつ再発するかわかりません。もうひとつありがちなのは、「尿酸降下薬を1 年ほど服用したあと、「もう発作の心配もなくなったからいいだろう」と、勝手に服用を中止してしまう例です。

実はこれも非常に危険です。理由は非常に明快で、尿酸降下薬を中止したとたん、尿酸値が再び急上昇し、発作の再発の危険性を高めるからです。治療を始める当初は、痛風の治療は生涯続くという覚悟があっても、1年、2年と痛風発作もなく、定期検診でも尿酸値が正常範囲内にあるとなると、つい油断してしまう人もいるでしょう。仕事の忙しさなどが重なることで、通院がおろそかになるケースもみられます。

薬物治療と生活改善が相乗的に効果を発揮すれば、「薬物治療は一生必要」という常識はひっくり返すことが可能です。本当の意味で薬が必要なくなるまで、自己判断による中止は絶対に避けるようにしたいものです。
痛風・高尿酸血症の治療に使われる薬について

薬の効きすぎ、副作用に注意する

尿酸降下薬の効果は高い多めに服用すると危険

風発作を起こして病院に駆け込んだときは、この先一体どうなってしまうのだろうと、多くの人が激しい不安を感じます。しかし、治療を開始すると、ほとんどの場合、痛風発作の痛みや腫れなどの症状はまもなく改善されます。

その後、担当の医師から痛風に関する説明を聞き、尿酸値をコントロールする本格的な治療を開始することになります。その際も、尿酸値をちゃんと下げることができるのか、もし下がらなかったら、またあの痛風発作の激痛が襲ってくるのかと、多くの人が強い不安を感じます。

しかし、痛風降下薬は医学的に効果が立証されているものばかりですし、医師も患者の病状や尿酸増加のタイプ、体質などを詳しく調べてから最善の処方をしますから、よほど特別な事情がない限り、尿酸値は順調に低下します。

尿酸値のコントロールに関しては、医師の指示どおりに薬を服用することだけを実行していけば、まず何の心配もありません。むしろ、早く治したいと気持ちが先走って、自己判断で薬を多めに服用したり、うっかりのみ忘れてしまったりすることのほうが問題になります。医師の指示を守らないと尿酸値が激しく乱高下し、痛風発作の再発などの危険性が高くなります。

ほとんどの副作用は軽度だがまれに重い肝障害が起きることも

尿酸降下薬の副作用についても、基本的にそれほど大きな問題になるようなものはありません。また、医師も患者の病状やタイプに合わせて慎重に処方しますから、心配したり神経質にったりする必要はありません。

ただし、薬はあくまで体にとっては異物ですから、副作用がまったくないということはありません。主な尿酸降下薬の特徴的な副作用を記しておきますので、もし自覚症状があったら、早めに医師に報告して、指示を仰ぐようにしましょう。

尿酸排泄促進薬
  • プロベネシド
    非ステロイド系抗炎症薬や経口糖尿病薬、一部の抗生物質を併用すると薬が効き効きすぎたり副作用が強まるなどの相互作用があるのので要注意です。主な副作用としては下痢などの胃腸障害、皮膚の発疹などですがいずれも軽度です。
  • ベンズブロマロン
    副作用としてはまず第一に服用の初期に尿酸値を急激に低下させて「尿酸の下降型発作」を誘発することです。また、尿酸の排泄量が増えるため、尿路結石ができることもあります。極めてまれですが、肝臓に障害を起こす場合もありますので、肝機能検査を定期的に行う必要がありま
尿酸生成抑制約
  • アロプリノール
    副作用としては、軽い胃腸障害や皮膚の湿疹がありますが、いずれもごく軽いものです。ただし、腎臓に障害がある人の場合は、再生不良性貧血や中毒症侯群などの副作用の心配があります。

薬物治療の初期に痛風発作が起こる場合も

なぜ? とショックを受け、治療に疑問を感じる人も

多くの痛風患者は、急な発作から病院に駆け込んで治療を受けることになります。そして、なんとか症状も治まり、本格的に尿酸降下薬を使った治療を始めますが、その後まもなく、痛風発作を起こしてしまうケースがあります。

痛風発作を起こさないために薬をのんでいるのに、一体なぜ? と、ほとんどの人が治療に疑問を感じ、戸惑ってしまいます。特に治療を始めた直後というタイミングもあり、希望を打ち砕かれたように感じる人も多いようです。

しかし、ほとんどの場合、治療を始めるにあたって医師から説明がありますから、心の準備ができている人が多いのも事実です。それがたまたま事前に知らされていなかったり、聞いていたのに忘れてしまっていたりすると、大きなショックを感じてしまうことになります。
では、よりによって痛風を根本的に治そうと治療を始めたとたん、痛風発作を起こしてしまうのはなぜなのでしょうか。

尿酸値が急激に下がると患部への白血球の攻撃を招く

痛風発作は体内の尿酸値が増加して過剰になった分が結晶化し、関節部などに蓄積することで起こります。根本原因は尿酸値の高い状態が慢性化していることにあります。

実は、慢性的に高い状態にあった尿酸値が急に下がると、それが痛風発作を引き起こす原因になることがあるのです。これを「尿酸値の下降型発作」などと呼んだりすることもあります。

尿酸降下薬を使用すれば、体内の尿酸は減少していきます。しかし、患部の関節部などには、結晶化した尿酸が相変わらず大量に蓄積しています。そうなると、体内と発作を起こした患部との間に大きな尿酸値の高低差が生じることになります。この「差」がきっかけとなって、白血球が尿酸結晶を再び攻撃することがあるのです。

白血球の攻撃が再開されると、関節に張りついている尿酸結晶がはがれ落ち、痛風発作が再発します。治療開始後の痛風発作は、予兆も含めると6 か月以内に40%前後の人が体験すると推測されます。

治療を開始したら心の準備をしっかりしておくのと同時に、尿酸値を急激に下げない、最低でも月に1回は尿酸値を計測する、医師とよく相談しながら治療を進める、などの点に気をつけましょう。

治療開始すぐの発作は症状が軽い

同じ痛風発作でも治療前のいわば「本物の発作」に比べて治療を始めた頃に起こる発作は軽いのが特徴です。
本物の痛風発作は、体内の尿酸が増加し、結晶化して関節部にどんどん蓄積していく過程で起こります。変な言い方ですが上り調子のときに起こる発作といえます。
それに対して治療開始後に起こる発作は尿酸降下薬によって体内の尿酸が減少していく中で起こります。
いわば下り坂の発作ですから症状も軽くてすむのでしょう。
どんなに軽くても痛風発作ですから起こしたくないのは当然ですがその痛みも体内の尿酸が確実に減少しているサインであるという前向きにとらえ粘り強く治療を続けましょう。

尿酸値は徐々に下げるのが治療の鉄則

薬で尿酸を急激に下げると逆に痛風発作を誘発する

治療でとりあえず痛風発作を抑え、ひと安心したものの、尿酸値は相変わらず高い状態のまま…。
このような場合は、本格的に尿酸値を下げる治療を開始することになりまが、折。まず尿酸値の上昇する原因は酸排泄低下型か尿酸産生過剰型かを調べ、前者なら尿酸排泄促進薬、後者なら尿酸生成抑制薬を服用することになります。

もう二度と、あんなに痛くて苦しい思いはいやだ、しっかり治療して、完全に治すんだ…と、多くの人は固い決意で治療に臨みます。

長期にわたる痛風・高尿酸血症の治療を根気よく継続していくためには、こうした強い意志、前向きの姿勢が何よりも大切になります。しかし、ここでちょっとした落とし穴があります。

意外なことに、尿酸値を急激に下げると、痛風発作を誘発する危険性があるのです。もう痛風発作はこりごりだ、1日も早く尿酸値を正常値まで下げなくてはと、薬を多めに服用したり、強めの薬にしたりすると、逆効果になってしまうわけです。
詳しいメカニズムは次項で説明しますが、どんなに尿酸値を下げたいという気持ちが強くても、あせりは禁物です。

尿酸値の急低下は腎臓に負担、3、4月~半年かけてゆっくりと

尿酸排泄促進薬をいきなり大量に服用すると、尿中に排泄される尿酸の量が急増します。そうなると尿酸を排泄するために腎臓はフル稼働することを強いられますから、腎臓にとっては激しい負担となります。

場合によっては腎臓の機能を低下させる障害を引き起こしたり、尿路結石の原因になったりします。こうした事態を防ぐためには、尿酸値を徐々に、ゆっくり下げていくことが大切になります。

しかし、尿酸値を低下させるペースは、特に基準があるわけではありません。患者の病状に応じて、柔軟に対応していきますが、基本的な姿勢としては、数日単位でみるのではなく、1ヶ月、2ヶ月単位で少しずつ下げていき、3~4ヶ月から半年かけて正常値まで下げていくくらいがいいでしょう。

医師の処方した尿酸降下薬が強すぎたり、量が多すぎたりする場合もあります。その場合の尿酸値の急低下による痛風発作に備えて、尿酸降下薬による治療の開始と同時に、抗炎症薬が処方される場合もあります。そうした薬の使用法も含め、医師とよく相談することが大切です。

尿酸降下薬は発作の症状が完全におさまってから使用する

尿酸降下薬を使用する場合はタイミンクが大切になります。通常、痛風発作を起こして、痛みや腫れ、関節部の炎症などが残っている状態では、尿酸降下薬による治療は開始しません。

この段階で開始すると、逆に症状を悪化させる危険性が高いからです。この段階での投薬がなぜ症状の悪化を招くのか、その理由は今のところまだよくわかっていませんが、血夜中に溶けて存在していた尿酸が、尿酸降下薬の作用で結晶化し、関節部に蓄積するからではないかと考えられます。

尿酸降下薬による治療は、発作の症状が十分に治まってから開始することが大切です。もちろん、専門の医師は十分に心得ていますから、あわてずに指示に従ってください。

尿酸値を低下させる薬物療法

尿酸値上昇のタイプ別に2種類の薬を使い分ける

いま、「オーダーメイド医療」の必要性が叫ばれています。画一的な治療をマニュアル的に行うのではなく、患者の病状はもちろん、体質や体力などあらゆる面を考慮に入れた治療を理想とする考え方です。

現代の医療は、どんな病気の場合でも、基本的にこの考え方に沿って行われています。そのため、同じ病気でも治療法がまったく同じとは限りませんし、薬が異なる場合もあります。あくまで個々の患者の状態に合わせて治療は進められるわけです。

痛風・高尿酸血症の治療もまったく同じで、医師は患者の病状、尿酸値の推移、過去の発作の回数、合併症の有無などを詳しく調べてから治療計画を立てます。

尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)を選ぶときもこの考え方が大切になります。
高尿酸血症には「尿酸排せつ泄低下型」と「尿酸産生過剰型」の2つのタイプに分かれます。尿酸値が上がる原因が違うのですから、使用する薬も当然ながら違ってきます。
医師は患者のタイプによって2種類の薬を使い分け、尿酸排泄低下型の場合は尿酸排泄促進薬、尿酸産生過剰型には尿酸生成抑制薬を処方します。

排泄促進薬は腎臓に作用し尿酸の排泄量を増やす

もし薬の処方が画一的に行われ、たとえば尿酸排泄低下型の患者に尿酸生成抑制薬を使用すると、肝臓に障害が起こるなど、副作用の起きる確率が高まる危険性があります。

逆に尿酸産生過剰型の患者に尿酸排泄促進薬を服用させれば、尿中の尿酸濃度が高くなり、腎臓内や尿管に結石ができたり、急性の腎不全などを引き起こす恐れが増大します。

痛風・高尿酸血症を治療するといつても、とりあえず尿酸値を下げる薬を処方しさえすればいいというものではありません。患者さんのタイプに応じたものでない薬の処方がされれば、何の効果も得られないばかりか、副作用によって新たな障害が引き起こされることも考えられます。

尿酸排泄促進薬は尿酸の排泄が十分に行われず、尿酸値が上昇してしまうタイプの人が服用すると効果を発揮する薬です。効能としては、腎臓に作用して尿酸の排泄量を増やすように働き、尿酸の排泄を促してくれます。日本ではプロベネシド、ベンズブロマロンの2種類の薬が主に使われており、ほかにブコロームという薬もあります。

生成抑制薬は酵素の働きを抑え、尿酸の産生量を減少させる

尿酸生成抑制薬は尿酸の産生が多すぎて尿酸値が上昇してしまうタイプに適した薬です。尿酸が肝臓で合成されるとき、キサンチンオキシターゼという酵素が働きますが、この酵素の働きを阻害して、尿酸の産生を妨げてくれます。尿酸生成抑制薬にはアロプリノールという薬が1種類あるだけで、副作用もほとんどないことが確認されています。

薬物療法の目標は尿酸値4.0~6.0mg/dl

薬物療法では尿酸値を4~6mg/dlまで下げることが目標になります。尿酸値の正常値は7mg/dl以下ですが、より安全な範囲にコントロールしようというわけです。

特にすでに痛風発作を起こした人は、尿酸値を6.0mg/dl以下にまで下げておいたほうが、関節部の尿酸も溶けやすくなるため、再発を防ぐ確率が高くなりまとはいっても、尿酸値が急激に下がりすぎるのも問題なので、その場合は薬の量を減らして調節します。
尿酸値が思うように下がらない場合は、逆に薬を増量することになります。薬物療法を始めても、尿酸値を定期的にチェックし、適正範囲内にコントロールしていくことが大切です。

発作時の激痛をやわらげる薬物療法

発作を沈静化する治療は本格的な痛風治療ではない

痛風・高尿酸血症の治療では、尿酸値を正常範囲内にコントロールすることと、高尿酸血症による合併症を防ぐことが最大の目標になります。

しかし、いきなり痛風発作を起こしてしまい、まさに今「風が吹いても痛い」状態でいる人に対して、尿酸値を下げる長期的な治療の必要性を力説しても無益な説教というものでしょう。

痛風発作を起こした場合は、何はまさておき、痛みや腫れを取り除く緊急の治療が必要になります。これは痛風発作を沈静化するための対症療法で、痛風・高尿酸血症を治す根本的な治療ではありません。
一時的に緊急避難をして、落ち着いてから本格的な治療を始めようというわけです。

非ステロイド系抗炎鎮痛薬で発作時の痛みを腫れを改善

痛風発作の沈静化に使われる薬は、主に非ステロイド系抗炎症鎮痛薬です。ナプロキセン、インドメタシン、フェンブフフェンなどいくつかの種類があり、患部の痛みや腫れ、熟などの症状を取り除き、炎症を改善する優れた効果を発揮します。

病状に応じて座薬を使う場合もあります。非ステロイド系抗炎症鎮痛薬は副作用が少ないという特徴もありますかいようが、まれに胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こしたり、極めてまれな例では大出血や胃穿孔を起こしたりするということも報告されています。

したがって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある人には使用しないのが原則です。胃潰瘍などがなくても、ほかの病気で血液を固まりにくくする薬などを使用している場合も注意が必要です。

ステロイド薬もよく使われる、コルヒチンは発作後では効果なしし

胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある場合は副腎皮質ホルモン(ステロイド)薬が使われます。以前は痛風発作の治療に副腎皮質ホルモン薬を使うことはタブーとされていましたが、最近では危険の少ない薬という認識が広まり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がない場合でも使用する医師が多くなっています。

痛風発作を沈静化するために広く使われていた薬に、コルヒチンがあります。古くから痛風の特効薬とされてきた薬で、ユリ科のイヌサフランという植物の種子や球根の成分を抽出してつくられます。
痛風発作の痛みは尿酸結晶を白血球が攻撃することで起こりますがコルヒチンにはその攻撃を抑えて弱める作用があります。

その結果、痛みや炎症を改善することができます。ただし、コルヒチンは白血球の働きを抑えるため、免疫力まで低下させてしまい、腹痛などの胃腸障害や下痢、毛髪の脱毛などを起こしたりする副作用があります。

さらに、コルヒチンは痛風発作を起こしてからあわてて服用しても効果はありません。こうしたことから最近はコルヒチンを使用する頻度は少なくなっています。

コルヒチンは予感期に飲むと効果がある

コルヒチンは痛風発作を抑える薬としてはほんど使われなくなっていますが、発作を起こす前にのむと、発作を防いだり、軽くしたりする効果があります。

痛風発作を何度か経験した人は、発作が起きる前に「そろそろ危ないな」という予感があます。これを「予感期」といいますが、この時期に飲んでおくと発作の予防効果が期待できます。

そのためため、痛風発作を起こしたことのある患者さんには積極的に処方するケースも見られます。だし、コルヒチンは本文で説明したとおり、白血球の働きを抑えて免疫力を低下させるなどの副作用がありますから、1日1錠にとどめるのが原則です。

薬物療法はどの段階ではじめる

痛風発作を起こしたら即刻だが、まずは生活改善療法から始める

痛風・高尿酸血症の薬物療法は、どのタイミングで開始すればいいのでしょうか。まず、いきなり痛風発作を起こしてしまい、痛みに耐えられない場合は、開始のタイミングなど計っている余裕はないでしょう。

病院に駆け込み、すぐに治療開始となります。この場合はこういった薬物療法が行われるはずです。、

患部の痛みや炎症を抑えます。問題になるのは健康診断で尿酸値が高いという結果が出たときです。健診後に担当の医師から「要注意」などの診断があったら、なるべく早めに専門医に相談するようにしましょう。専門の医師が必要と認めたら、治療を開始することになります。その場合も、いきなり薬物療法を始めるのではなく、症状をみながら、まずは食事を中心にした生活改善療法を行うのが一般的です。そのうえで、病状や尿酸値の動向などを詳しく調べ、必要なら薬物療法が始められます。薬物療法を始めるかどうかの大きな目安になるのが、尿酸値です。

痛風発作は尿酸値が上昇することで起こるのですから、もっともな話でしょう。では、尿酸値がいくつになったら薬物療法を開始しなければいけないのでしょうか?

痛風発作の経験があれば早めに、なければ生活改善が最優先

実は、薬物療法の開始は尿酸値のレベルだけでは決められません。通常、尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

しかし、高尿酸血症になったからといって、ただちに薬物療法を始めるわけではありません。ここでポイントになるのが、一度でも痛風発作を経験しているかどうかです。

痛風発作を経験しているということは、体内に尿酸塩の結晶が蓄積していることを示します。その状態で、なおかつ尿酸値が高いまま放置しておくと、痛風発作をくり返す危険性が非常に高くなります。

そのような場合で、なおかつ生活改善を続けても尿酸値が7.0mg/dl以下に下がらないようであれば、薬物療法を開始するのが一般的です。

これに対し痛風発作を経験していない場合は、尿酸値が7.0mg/dlを超えていても、普通はすぐには薬物療法を行わず、生活改善療法だけで経過を観察することになります。その結果、尿酸値が8.0mg/dl以上の状態が続き、しかも高血圧や高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの合併症、さらには尿路結石などがみられるようなら、薬物療法に踏み切ります。

こうした合併症がない場合は生活改善療法だけにとどめる場合もあります。尿酸値が9.0mg/dlを超える場合は、発作の有無に関わらず、すぐに薬物療法を開始するのが普通です。
これらは実際の診療で行われている治療の目安の一例です。患者の病状や医師の判断などにより、必ずしもこのとおりではありません。ひとつの参考にしてください。

痛風発作の改善=治療の終了ではない

痛風発作がはじめてで病気に関する知識がない人の場合は、痛みがおさまれば病気も治ったものと考えがちです。実際、高尿酸血症が痛風発作の原因で、そのために治療は継続しなければならないことを説明しても、「痛風発作の改善=治療の終了」と勝手に解釈して、以後の生活改善療法や薬物療法を中断してしまう人が少なからず見受けられます。

これでは近い将来、まず間違いなく痛風発作を再発してしまいますし、尿酸値の高い状態を続けていることで、合併症の危険性も高まります。発作の治療と、痛風・高尿酸血症の治療は別物であることをしっかり認識し、尿酸値の経過をみながら、必要な処置を続けることが重要です。

痛風の治療は生活改善と薬物療法の2本柱

医師と二人三脚でじっくり治す

痛風が「ぜいたく病」などと呼ばれていたころは、発症の原因や治療法がわかっていませんでしたから、激痛発作が起こっても必死に耐えるほかはありませんでした。

いくら帝王や特権階級の人たちであっても、痛みからは逃れることはできず、しかも、原因がわからないということで、強い恐怖感を覚えるときもあったことでしょう。

しかし、現在では痛風は体内の尿酸の量が異常に増加することで発症することが解明され、それに伴って治療法がほぼ確立した病気に分類されています。

医師と二人三脚で、しっかり治療に取り組めば、尿酸値は必ずコントロールできるようになります。軽く考えてはいけませんが、必要以上に恐れることなく、地道治療に取り組んでいきましょう。

痛風・高尿酸血症の治療は、なんといっても生活習慣の改善が第一になります。できれば生活改善だけで尿酸値を正常範囲内まで下げるのが理想的です。しかし、一定の期間、頑張って生活改善をしても、尿酸値が思うように下がらない場合や、いきなり痛風発作を起こしてしまったときなどは、早目に適切な治療を開始するようにしましょう。不安を感じたら、放っておかずに専門医を受診し、医師の指示どおりに治療を進めることが大切です。

尿酸値のコントロールと合併症の予防が大切

痛風・高尿酸血症の治療は、次の3つが主な目的になります。

  1. 尿酸値を正常範囲内にコントロールする
  2. 痛風発作を沈静化する
  3. 高尿酸血症の合併症を予防する

これらの目的を達成するために、食事療法を主体にした生活改善療法のほか、症状によっては薬物療法が行われます。

急性の痛風発作を起こしていて、激しい痛みのある場合は、2の発作の沈静化が最優先の治療目的になりますから、そのための緊急の薬物療法が行われます。

しかし、痛風・高尿酸血症の治療は、痛風発作の沈静化が最終目的ではありません。なぜなら対症療法で痛風発作を抑えても、尿酸値を高いまま放置していたら、またいつ発作が起こるかわからないからです。発作の痛みを抑えるのは最優先されても、その後は尿酸値を正常範囲内にコントロールすることのほうがより大切になります。さらに、痛風・高尿酸血症を放置しておくと、さまざまな重い合併症を引き起こします。なかには心筋梗塞や脳卒中など、命にかかわる病気もあります。

痛風・高尿酸血症の治療の主眼とは、それら自体の症状を改善することよりも、これらの恐ろしい合併症を予防することにあるといっても過言ではないのです。

尿酸値のコントロールと合併症の予防は、痛風発作を沈静化させるように簡単ではありません。薬物療法を開始したら、長期戦の覚悟をする必要があります。

薬物療法中も生活習慣を整えることは必須

少し変な言い方になりますが、薬物治療をしている高尿酸血症の人の中には「確信犯」のようなケースも見られます。これは、高い尿酸値がもたらす危険性はよく承知している一方、アルコールや食事を制限するのはいやだという人が、これまでどおり酒やグルメを楽しむために、とにかく薬で尿酸値を下げようと薬物療法を始めるケースを指します。

どんな動機だろうと、医師の指示どおりに薬をのむのだし、その結果、尿酸値が下がるのだからいいじやないかという反論もあるでしょうが、高尿酸血症の治療は酒や美食のためにするのではありません。「不純な」動機で尿酸値を下げ、生活改善は後回しでは、本当の意味での治療にはなりません。

総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

症状を悪化させずに、海外旅行を楽しむコツ

日頃の注意を怠らず旅行でストレス解消を

近年、定年退職後、あるいは有給休暇を利用して海外旅行をする人が増えています。

高尿酸血症・痛風の人も、重度でなければ基本的に旅行などを制約する必要はありません。仕事や時間に追われる生活をしばし離れ、リラックスできる時を過ごすことは、ストレス解消に大いに役立ち、症状の回復にも効果が期待できるでしょう。

ただし、これはあくまで日ごろの習慣や注意事項を守りながら、旅行を楽しんだ場合の話です。日常生活を離れることで、だれしも「今日は特別」と気が緩んでしまいがちです。日ごろの努力をむだにしないためにも、リラックスが生活習慣の乱れにつながらないように心がけながら旅行を楽しみましょう。

飛行機内での体調管理は食事や飲み物に気をつけて

海外旅行でまず注意したいのが、飛行機の中での過ごし方です。アジアなど、短時間で到着する場合は問題ないのですが、アメリカやヨーロッパ旅行などで機内泊をする場合は注意が必要です。長時間のフライトになると、生活のリズムが変わり、健康な人でも体調をくずしがちです。

狭い機内で何時間も座り続け、数時間おきに出される機内食を平らげる。また、なかなか寝つけず、機内で放送される映画を見ながら、退屈しのぎにスナック菓子をぼりぼ…このようなことは一般的によくある風景ですが、高尿酸血症・痛風の人にとっては最悪の過ごし方といえます。
旅の初めから痛風発作を起こし、機内で悲鳴を上げるようなことにならないためにも、次の点に注意してください。

食事

退屈しのぎにスナック菓子などを食べるなどというのは言語道断ですが、定時に出される機内食にも注意が必要です。体を動かさない機内では、いつも以上に食事量を控える必要があります。また国際線の航空会社は、たいてい低カロリー、低脂肪の特別食のサービスを設けています。航空券の予約時にリクエストできるので、ぜひ利用しましょう。

水分補給

高尿酸血症・痛風の人にとって、水分補給が重要であることは前に述べたとおりです。機内はとても乾燥しています。トイレが近くなるからと、水分を控えたりせずに、できれば機内にミネラルウォータを持ち込み、水分をたっぷりとりましょう。ただし、じっと座ったまま水分を多量にとると、下半身がむくみやすくなります。ときどき立って歩き、スペースのあるところで軽いストレッチをすることをおすすめします。

睡眠

機内では時間の感覚が狂い、睡眠不足になりがちです。睡眠不足は、疲れをためるばかりでなく、高血圧の人にとって血圧を上げる要因になります。
また、旅行中に時差ぼけによって生活が不規則にならないためにも、機内にいるときから睡眠のリズムを作っていきましょう。機内の飲み物サービスでは、コーヒー・紅茶は控え、どうしても眠れない場合は、軽い睡眠導入剤を利用するのもよいでしょう。

開放感はほどほどにゆったりした旅行プランを

一般的に、旅行中健康障害を起こす主な原因は、「食べすぎ」「寝不足」「アルコール類の飲みすぎ」といわれます。これは、痛風の人が発作を起こすきっかけとなる行動と合致します。

一概にはいえませんが、海外の料理は日本食に比べて高カロリーです。そのような食事を大量にとれば、尿酸値を一気に上昇させる恐れがあります。
また、ヨーロッパなどにはアルコール度の高いお酒が数多くあります。高尿酸血症・痛風の人にとっては注意が必要です。現地の名物料理を、珍しいお酒と一緒にたっぷり味わうことを旅行の醍醐味などとせずに、ゆっくりと異国の街を散策したり、自然に触れて、心身をリラックスさせるような旅にしましょう。

また、せっかくの旅行だからと、旅行のスケジュールをいっぱいに詰め込み、帰国するころには大疲れ、ということはよくある話です。疲れたらひと休みできるくらいの余裕のあるスケジュールを組みましょう。

もうひとつ、現地での注意事項として心にとどめておくべきことは、水分補給が必要だからといって、水道水を生で飲まないことです。日本は、水道水が生で飲める世界で数少ない国のひとつです。海外では、基本的にミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。