サプリメントに頼りすぎない

不足している栄養素を手軽に補えるのが人気の秘密?

いまや現代人の日常生活は、サプリメントを抜きに語ることはできなくなりつつあります。スーパーやドラッグストアには各種のビタミンやミネラル、アミノ酸などのサプリメントが山のように積まれているほか、そうした成分を配合した飲料や化粧品なども次々に製品化され、店頭を飾っています。

また、話題になった商品がすぐに売り切れるなど、人々の関心も高いようです確かに現代人の生活は、健康を脅かす危険因子で満ちあふれています。

食事面では、よほど気をつけていないと、つい食べすぎてしまったり、栄養バランスが乱れてしまったりしがちですし、普通に生活しているだけで、運動不足や肥満、ストレス過重などを招きやすいのが現実です。

そんな現実を強く認識すればするほど、何か健康にいいことをしなければという気持ちにかられる人が多くなります。その半面、運動や食事制限など、つらいことを長期にわたって続けるのはいや、というのが多くの人の本音でもあります。

というわけで、サプリメントが大人気となるわけです。カプセルや飲料を飲むだけで、「不足している(かもしれない)栄養成分を補える」のですから、忙しい現代人にとって、こんなに便利なものはありません。

サプリメントに頼りすぎると生体を維持できなくなる危険性も

しかし、最近、サプリメントに頼りすぎて、食事はまったく無頓着という人が出てくるなど、行きすぎを懸念する声が多くの医師たちから開かれるようになっています。

極端な話、食事は一切とらず、錠剤などで必要な栄養成分をすべて完壁に摂取したとします。これで人間は健康に生きられるでしょうか。答えは、もちろんノーです。人間は物を食べることで生体を維持しています。物を食べることで胃腸をはじめとするさまざまな臓器が働き、人体という生命体が形づくられていきます。物を食べなくなれば、こうした臓器の働きは失われ、生命体の機能が衰退してしまいます。

また、物をかむ習慣が失われれば、脳への刺激がなくなって脳が老化する危険性も指摘されています。サプリメントは「栄養補助食品」と呼ばれているとおり、あくまでも「補助」であることをしっかり認識しておく必要があります。サプリメントの効果と限界を知ったうえで賢く利用するという姿勢が大事で、流行だからと頼りすぎる利用法は賢明とはいえません。

サプリメントは、たとえば、疲れががたまったなと強く感じたときにビタミンCやアミノ酸をとる程度にしてあくまでも食事が主であることをわすれてはいけません。

100種類のサプリメントの効能と効果は症状を中心にサプリを紹介しているので自分に足りない栄養素についてわかりやすいでしょう。
現代人は、特に不足しているのはビタミンCカルシウムです。

ストレス解消のタブー

ストレス解消が大切だからといって、後ろ向きの方法は禁物です。たとえば、大量の飲酒。親しい仲間と時間を忘れて深酒をすれば、確かにストレスは解消されたような気持ちになります。

しかし、こうした「やけ酒」のたぐいは体に大きな負担になり、生活習慣病や尿酸値上昇の大きな原因にもなります。ストレスによる「やけ食い」も同じで、瞬間的にストレスを解消できたつもりになっても、尿酸値の上昇を招いたり、肥満の原因をつくったりするだけの話です。このほか深夜にまで及ぶカラオケやマージャンなども逆効果のほうが大きいといわざるを得ません。ストレス解消は、あくまで健全な方法で行うようにしましょう。
脳は一時的に、ストレス解消できたとしても身体は大きなストレスをかけることになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください