肥満も高尿酸も撃退するダイエット法

極端なダイエットはリバウンドの危険大

ダイエットというと、何か特別なことをしなければならないと思う人も多いようですが、そんなことはありません。むしろ食事量を半分以下に減らしたり、1日中ゆで卵やトマトしか口にしないなどの極端なダイエット法のほうが問題です。

そうした極端なダイエットに走って、急激な体重減少を実現する必要はありません。流行のダイエットで短期間に体重を落としても、ほとんどの場合はすぐにリバウンドしてしまい、以前より太ってしまうのが通常のパターンです。

無理のない範囲で、着実なダイエットを行うように心がけましょう。リバウンドの心配のないダイエットを実現するには、何ヶ月かの長期決戦で、食事と運動の習慣を見直していくことが大切です。

次に挙げるようなポイントを日々の生活のなかでしっかりと実践し、習慣として定着させていけば、着実に体重の減少が期待できますし、同時に健康的な生活を手に入れられるでしょう。

肥満を防ぐ食事の基本6ポイント

1日3食、規則正しく食べる
朝食や昼食を抜いたりすると、道に脂肪細胞の増殖が進みます。食事の間隔があくと、結果的にどか食いを招きやすく、ダイエットには逆効果です。
野菜など低エネルギーのものから食べる
野菜や海藻、きのこ類など、エネルギー量の少ないものから食べ、そのあとで魚や肉類、最後にごはんやパスタなどの炭水化物を食べるようすると、食べすぎが防げ、余分なエネルギーの吸収も抑えられます。
満腹するまで食べず、腹八分目を心がける
常に腹八分目を心がけていると、それが当たり前になって自然に過食が防げます。また、1日の食事のウェイトは朝食や昼食におき、夕食は軽めを心がけます。
早食いをせず、よくかんで食べる
これが実はとても大切。早食いは本当に過食のもとなのです。ゆっくりかめば満腹感を感じられ、食べすぎを防ぐことができます。
甘い物などの間食は控える
菓子やケーキなどの甘い物は控えます。どうしてもという人はところてんやこんにゃく入りのゼリー、低脂肪のヨーグルトなどがおすすめです。
夜9時以降は食べない
夜遅く食べると消化が進まず、エネルギーの過剰摂取につながります。
肥満を防ぐ運動の基本3ポイント
ウォーキングや水泳などの有酸素運動を習慣にする
ウォーキングは1日30分、できれば毎日、最低でも週3回は行う習慣を守りましょう。
乗り物やエスカレーターなどは避け、できるだけ歩く
近くに行くにもすぐ車に乗るような生活は改め、できるだけ自分の足で歩くように心がけます。通勤時、駅などではエレベーターやエスカレータ一に乗らず、階段を利用するようにします。近くに出かけるときは、自転車ではなく徒歩がおすすめ。
だらだらとせず、生活の中でてきばきと体を動かす
デスクワークの人は仕事の合間にこまめに体を動かす習慣をつけましょう。また、家事はてきばきとこなし、その合間にストレッチなどを積極的に行うようにします。
肥満人口は世界的に増加傾向

「肥満」はいまや世界的な問題になっています。WHOが2005年に発表した推計によると、60億人余りの世界人口のうち10億人以上が太りすぎで、このまま増え続けると2017年までに15億人に達するといいます。

同統計によると、30歳以上の7 5 %以上が肥満とされるのは、国別にみて、男性がアルゼンチン、ドイツ、ギリシャ、クウェート、ニュージーランド、イギリスなど、女性はエジプト、マルタ、メキシコ、南アフリカ、トルコ、アメリカなどとなっています。
別の統計ですが、経済発展の著しい中国でも肥満人口は急増中で、なんと約2億6000万人にも達するといわれます。このままいけば、近いうちに間違いなく「痛風・糖尿病大国」になるだろうと、多くの学者や医師が指摘しています。

そんななかで日本ももちろん例外ではなく、2002年の厚生労働省の発表では、男性1300万人、女性1000万人、合計で2300万人が肥満とされています。20年前の約2倍にもなっており、増加の一途をたどっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください