激しい運動は尿酸値を上げる

激しく動くスポーツ選手には意外に痛風の人が多い

あなたには「スポーツをしている人」 イコール「健康な人」というイメージはありませんか。野球やサッカー、テニス、ゴルフ、陸上といったスポーツ選手のはつらつとしたプレーを見ていると、「この人たちは痛風とはまったく無縁ではないか」と思ってしまうのではないでしょうか。ところが、実際には、若いスポーツ選手が痛風に悩まされている例は意外に多いのです。

痛風になった人とそうでない人を比べると、痛風の人のほうがスポーツをよく行っているというデータもあります。なぜスポーツをする人に痛風が多いかというと、激しく体を動かすこしんとよって筋肉を中心に臓器器官の新ちんたいしゃ陳代謝も活発になり、通常のスピードより早く体内でプリン体が作られるため、筋肉の尿酸が一時的に過剰状態になるからです。

つまり、短時間で体内に尿酸が蓄積され、痛風発作などを起こしやすい状態になるわけです。また、運動量が多いと汗をたくさんかきますが、発汗作用によって体内の水分が欠乏すると、腎臓から尿はいせつ酸が排泄されにくくなります。

これも尿酸値を上げる原因となります。ふだんあまりスポーツをしない人が激しい運動をした場合では、尿酸値が2倍近くまで上がることもあります。
尿酸値を下げるつもりで行ったスポーツが、逆に尿酸値を上げる結果になってしまわないように十分に注意しなければなりません。

痛風の人におすすめなのはゆっくりとした軽い運動激

激しい運動によって起こる可能性のあるトラブルは、尿酸値の上昇に関すること以外にもあります。汗をかきすぎて脱水気味になると、筋肉の硬直も招きます。そのため、ねんざや肉離れといった事故も発生しやすくなります。

ウォーミングアップなしでいきなり激しい運動を行うと、場合によっては心臓発作などを起こし、命にかかわることもあります。日ごろから体を鍛えているはずのスポーツ選手でさえこうなのですから、一般の人はなおさら注意が必要です。

しかし、間違ってはいけません。「運動はしないほうがいい」のではありません。運動の影響は個人差があり、一概にこうだとはいえませんが、一般に「適度な運動」を長期間継続して行えば、肥満解消や尿酸値を正常範囲内にコントロールする効果が期待できます。

体全体の健康のために「適度な運動」は不可欠です。大切なのは運動の強さと行い方を考えることです。無理な運動は長続きもしません。
尿酸値が高い人は、年齢を問わず、ハードなスポーツにトライしたり、ヘトヘトになるまで運動したりするようなことは避け、ゆっくりとした軽い運動を定期的に行うようにしましょう。

運動でも急発進、急停止は危険

車を急発進させれば、エンストやスリップを起こしてしまいます。走行中に急ブレーキをかければ、スピンしたり、後続車に追突されるという事故を招いてしまいます。

運動をするときの人の休も同じで、「急発進」「急停車」は事故のもと。運動前のウォーミングアップ(準備運動) はたいていの人が行っていると思いますが、運動後のクールダウン(整理運動)もセットで行うことが大切です。

なぜクールダウンが必要かというと、運動中に筋肉を盛んに動かすためのエネルギーは、体内にあるグリコーゲン、糖質、脂肪などが酸素と結びつき、燃焼することによって生み出されます。

そして、そのしくみを陰で支えているのは心臓です。心臓が血液循環を活発にして筋肉に酸素と必要な栄養分を届け、一方で静脈を通じて老廃物を回収する役割を果たしているのです。もし運動を急にやめると、それまで順調に供給・消費されていた酸素や栄養分が停滞したり不足したりし、心臓は必要以上に血圧を上げてそれをカバーしようとします。

また、筋肉内にも十分な酸素が供給されないため、疲労物質の乳酸などが蓄積され、筋肉は硬直し、血管にも悪影響を及ぼします。運動前はもとより、運動後も必ず深呼吸で十分な酸素を体内に取り入れ、ゆっくりとした屈伸運動や柔軟体操を行って、それまで活動していた筋肉や臓器器官を少しずつ平常の状態に戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください