適切な「時」「質」「量」の食事を習慣化する

食事療法の第一のポイントはカロリーオフで肥満解消、現代人に欠かせない食習慣

ひと昔前まで、痛風の治療食といえば、体の中で尿酸に変化するプリン体の摂取制限がかなり厳しく行われていました。ところが、プリン体は食べものから取り入れる量よりも体内で作られる量のほうがずっと多く、しかも食事からとるプリン体の摂取がそのまま尿酸値の上昇に結びつかないことがわかってきた昨今では、プリン体自体の制限に重点をおいた食事療法はほとんど行われなくななっています。

では、現在、痛風の食事療法では何に主眼がおかれているのかというと、「食べすぎない」を基本にした肥満の予防・改善です。肥満が尿酸の排泄を抑制し、尿酸値を上げることにつながるからです。現代人の多くは食べ過ぎです。この食習慣を改善することがまずは先決です。

実際、肥満している人の尿酸値を調べると、「標準体重」 の人よりも必ずといっていいほど高い数値を示します。そして、太り気味で尿酸値が高い人が減量すると、体重の低下とともに、尿酸値も下がってきます。
自分にあったエネルギー量の食事で標準体重をキープすること、これが尿酸値を低くする食生活の基本中の基本といえるでしょう。

栄養バランスをとることや減塩なども必要不可欠

そのほか、痛風の食事療法のポイントとしては、次のようなことがあげられます。

バランスよく食べる
たとえダイエット中であっても、体に必要な栄養素はきちんととることが大切です。できるだけ多種類の食品をとり、たんばく質、脂質、糖質、そしてこの三大栄養素を効率よく吸収させるためのビタミンやミネラルを過不足なく補給しましょう。
アルカリ食品をたっぷりとる
野菜などのアルカリ食品をたくさん食べると、尿がアルカリ性になり、尿酸が尿に溶けやすくなります。痛風では、尿酸の排泄量を増やすために、水分を十分にとるように指導されますが、新鮮な野菜の摂取は、水分補給にも役立ちます。献立に積極的に加えましょう。総じて低エネルギーですから、たくさんとっても、エネルギーオーバーになる心配はあまりありません。梅肉エキスはアルカリ性食品の王様です
プリン体を摂りすぎない
プリン体の厳しい摂取制限は行われなくなってきたと前述しましたが、そうはいっても、プリン体を多く含む食品を好んで食べるのはよくありません。動物の内臓や魚の卵は控えめに。プリン体は水に溶け出す性質があるので、肉を焼いた後の肉汁を料理に使ったり、豚骨や鶏ガラでとったラーメンのスープを飲み干したりしないようにしましょう。
塩分を控える
痛風の人は、高血圧、動脈硬化、糖尿病を併発しやすいもの。合併症を防ぎ、体全体の健康を守るために、塩分の多い食品を控え、料理の味つけも薄味を心がけましょう。塩分を控えると、主食の食べすぎが防げ、ダイエットを側面からバックアップすることもできます。
規則正しく3食とる
やせたいために、あるいは忙しいからといって、食事を抜くようなことはありませんか? 同じカロリーを摂取していても、食事を抜くと、1日3食きちんととったときに比べてエネルギーの貯蔵量が増え、肥満を招きやすくなります。1日3食、できるだけ均等な量の食事を、できるだけ一定の時間に、きちんととるよゝつにしてください。
体脂肪率は見た目ではわからない

最近、「体脂肪率」という言葉をよく耳にしますが、特に肥満体型でなければそれほど気にする必要はないと思っている人が多いことでしょう。

しかし、実際はそうとも限りません。肥満の本来の定義は、「体内の脂肪が過剰な状態」。

たとえ標準的な体重で、外見からは太っているようにみえなくても、体脂肪が多ければ、あなたは立派な肥満なのです。体重オーバーの肥満の人と同様、高尿酸血症や痛風、そのほかの生活習慣病に十分注意しなければなりません。
最近は体脂肪計が普及しているので、ぜひ一度、体脂肪率を測ってみてください。望ましいとされる体脂肪率は、男性は25%以下、女性は30%以下です。かくれ肥満のための知識と肥満の減らし方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください