食生活の改善」カテゴリーアーカイブ

尿酸値を下げるための食事の改善や工夫について。 尿酸値が高い人のための改善策と基礎知識。

痛風 プリン体 を減らすより糖質を減らす糖質制限食が有効

痛風 プリン体 を減らすより糖質を減らす糖質制限食が有効です。痛風はプリン体を減らす と思っている人も多いのですが、じつは糖質を制限する糖質制限食のほうが早く改善できます。

痛風 プリン体

痛風 プリン体

痛風 プリン体 を減らすより糖質を減らす

腎臓で尿酸が排出できなくなる
痛風は、体内に存在するプリン体という物質の最終産物、つまり老廃物である尿酸が血液中で結晶化して発症する病気です。

尿酸は肝臓で分解された後、腎臓から尿とともに排泄されますが、この「産生」と「排泄」のバランスが崩れると体内に蓄積し、血液に溶けきれなくなつた過剰分が結晶となって足の親指の付け根などの関節に溜まります。

この結晶が何らかの刺激を受けて関節から剥がれ落ちると、これを異物と認識した白血球が攻撃し、その結果、関節に炎症が起きて激しい痛みを生じます。

プリン体は細胞の核に含まれる DNA の主成分でもあり、エネルギー伝達物質という大切な役割を担っています。

もともと体内に存在するものですが、ほとんどの食材にも含まれています。このプリン体を多く含む食材を摂りすぎると、処理しきれなかった尿酸が血液中に増えた状態が続くわけです。そこで痛風患者は、一般的には尿酸を増やす原因であるプリン体を減らすように指導されます。

しかし、根本原因は糖の摂りすぎによって、内臓脂肪が増えることにあるのです。内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞からはたくさんの遊離脂肪酸が分泌されます。

これが血液に乗って肝臓に運ばれると、プリン体の代謝が過剰になって尿酸がたくさんつくられるようになります。その尿酸は排泄するために腎臓に運ばれますが、脂肪が溜まっている腎臓では排泄が阻害されてしまうです。

糖質 中毒 過剰摂取したときに パクパ酵母くん 効果 で糖を排泄するのがよい

食生活の改善

食べ方を工夫して外食の欠点をカバー

外食が多いのならメニュー選びを慎重にでも紹介していますが、いくつかポイントがあります。

エネルギーも塩分も食べ方でコントロールが可能になる

外食をするとき、細心の心配りで慎重にメニューを選んでも、食べ方によってはその努力が水の泡になってしまうことがあります。

たとえば、刺し身定食などがいいといっても、刺し身にしょうゆをたっぷり食べたのでは、塩分をとりすぎてしまいます。必要最小限のしょうゆで食べるようにすることが大切です。

また、出されたものを残すことに抵抗を感じる人も少なくないようですが、全部食べたのではエネルギーのとりすぎになってしまうことがあります。量が多いと感じたときは、残す勇気を持ちましょう。「残すのはもったいない」「残すのは店に失礼」などという考えは、この際二の次にしなくてはいけません。

場合によっては追加のオーダーで栄養を補うことも大切

外食料理には、それぞれ長所、短所があります。待ち時間も食べる時間も少なくてすむめん類は、もっとも手軽な外食メニューとして忙しいサラリーマンなどに人気がありますが、一般に具が少なく、穀類偏重になりがちです。

丼ものも、めん類と同じように穀類偏重で、総じて高エネルギー、高塩分。セットスタイルのメニュー は、栄養バランスはとりやすいのですが、全部食べるとエネルギーオーバー、塩分オーバーが心配です。
要はこのような短所を食べ方でカバーし、それだけでは栄養バランスがとれないようなら追加オーダーなどで不足する栄養素を補えばいいのです。持ち帰り弁当などを利用するときも同様です。

80kcal=1点としてカロリー計算を簡単に

尿酸値を下げるためにダイエットに励もうと、食事のたびにきちんとカロリー計算することを決心する人も多いでしょう。しかし、家での食事ならともかく、外食でのメニュー選びのたびに、2~3桁のエネルギー値を細かく計算するのはとても面倒です。

そこでおすすめしたいのが、80kcal=1点として点数化して計算するやり方です。例えば、1日の適正エネルギーが1600kcalであれば、20点という点数に置き換え、朝昼晩のそれぞれの食事に点数を振り分けます。食品ごとに力ロリーを点数化した本も市販されているので、参考にしてみましょう。

外食時のポイント
  • 野菜やたんばく質源から先に食べて、ぎを防ぐ
  • てんぷら、フライ、とんかつ、から揚げといった揚げものを食べるときは、衣を半分くらいはがす
  • 漬け物はできるだけ箸をつけない
  • 味もみないで何にでもしょうゆや塩、ソースなどをかけない
  • しょうゆは直接料理にかけるのではなく小皿につけながら
  • みそ汁やめん類の汁は全部飲み干さない
  • つけ合せのパセリ、クレソン、青じそなどは残さず食べる
  • 追加オーダーや食後の飲みものなどで不足栄養素を補う(野菜が足りないなら、サラダ、野菜のあえもの、トマトジュース、100%野菜ジュースなどたんばく質が足りないなら、卵、牛乳、チーズなど)

外食が多いのならメニュー選びを慎重に

高エネルギー、高塩分、野菜不足が外食のデメリット

レストランなどで食べる料理は、ボリューム感や味にパンチを出すために、油脂や砂糖、塩分が多く使われているため、総じて高エネルギー、高塩分です。

その反面、野菜は不足傾向にあります。メニュー選びによっては、たんばく質源まで危ういこともあります。持ち帰り弁当、ファストフードなども同様と考えてよいでしょう。

このような食事が毎回のように続くと、体のあちこちに障害を起こしやすくなるのは火を見るより明らかです。痛風はもとより、あらゆる生活習慣病から体を守る最高の健康食は、いうまでもなく手作り料理です。

家庭で作れば、気になるエネルギーも塩分も、調理の段階である程度コントロールできます。しかし、会社勤めの人や独身の人など、毎食手作りの食事をとるというのは現実にはなかなか難しく、好むと好まざるとにかかわらず、外食に頼らざるを得ないことも少なくありません。

家族の協力を得て手作り弁当を持参するなど、まずは外食の機会を減らすようにするのが第一ですが、どうしても外食をとらなければならないときは、外食の欠点をカバーする工夫が必要です。

メニュー選びに迷ったら「和食」の定食を選ぼう!

外食対策の第一のポイントは、メニュー選びを慎重にすることといえます。注文する料理は、できるだけ低エネルギー、低塩分のもののほうがよいことはいうまでもありません。

ウェイトコントロールや血圧コントロールが火急の課題になっている人は、ハンドブックスタイルの参考書や、よく食べる料理のだいたいのエネルギーと塩分を書き出したメモなどを持ち歩くようにするとよいでしょう。

尿酸値の高い人では、レバー料理、モツ焼きやモツの煮込み、脂肪の多い肉料理、ラーメンなどを極力避けることも大切です。「あれこれ考えるのは面倒」「迷ってしまって何を注文していいか決められない」という場合は、とりあえずセットスタイルの料理にしてみてください。
丼ものやめん類より皿数が多い分だけ栄養バランスがとりやすく、ごはんの盛りを最初から少なくしてもらうなどの融通もききやすいからです。ただし、セットスタイルとはいえ、とんかつ定食やてんぷら定食、ハンバーグ定食では、エネルギーオーバーになってしまう恐れがあります。刺し身定食、焼き魚定食、野菜妙め定食などを選ぶのが賢明です。
食習慣をストレスなくかえる11のポイントはこちら。