民間療法など非科学的な治療法に惑わされない

酒好きやグルメには生活改善は簡単ではない

痛風の治療は多くの場合、一生続けなければならないなど、非常に長期にわたります。ずっと尿酸降下薬をのみ続けなければならないのはもちろん、生活改善の努力も継続して行わなければなりません。

ある期間、生活改善を徹底的に行い、以後、それが新しい生活習慣として完全に身についてしまった場合は問題がありません。しかし、そう簡単にはいかないのが現実であり、多くの人の実感でもあります。特にお酒や食べ歩きが大好きで、いわゆるグルメといわれるような生活を送り、またそれらを生きがいとしてきたような人にとっては、生活改善の必要性を頭では理解しても、なかなか実践が難しいものです。

それどころか、しばらく生活改善の努力を続けたあと、がまんが限界に達して大量飲酒やどか食いに走ったりするケースなどもよく耳にします。痛風発作は二度といやだけど、生活改善もできることならしたくないというのが、ほとんどすべての痛風患者の本音といえるでしょう。

「健康食品」や「健康法」は根拠のないものが多い

生活改善がなかなかうまくいかないと、何か「特効薬」になるものはないかと、真剣に探し求める人も出てきます。その気持ちもわからないではありません。そんな患者心理を見透かすように、「これで尿酸値は確実に下がる」「あらゆる生活習慣病を撃退できる」などという「健康食品」や「健康法」「ダイエット法」が、各種のマスコミやインターネット、街角の店頭などにあふれかえることになります。

これらすべてが無効、あるいは逆効果などと断じるつもりは毛頭ありません。なかには確かに健康効果があるだろうと推測されるものもありますし、健康にいいと信じて摂取することで心理的に健康効果が上がることも考えられないではありません。ただし、痛風・高尿酸血症を魔法のように治してしまう「健康食品」となると、首をかしげざるを得ません。

痛風・高尿酸血症は尿酸の代謝異常が原因で起こる疾患です。そのメカニズムが解明されて以来、生活改善療法や薬物療法が研究され、科学的な治療法として確立されてきたのです。ここまで積み上げられてきたこれらの医学の成果を信頼し、根拠のない「健康食品」や「健康法」の甘い言葉に惑わされることなく、生活改善療法と薬物療法を根気よく続けてください。

漢方薬では尿酸値は下がらない

これとは別に、漢方薬で尿酸値は下げられるかという質問をよく受けます。漢方には西洋医学にはない効果もたくさん認められますから、大いに活用されてしかるべきだと思いますが、これまでのところ痛風発作を改善したり、尿酸値を下げる効果があるという研究発表はなされていません。やはり生活改善と薬物療法を地道に続けるのが最善だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください