こまめな水分補給で尿酸を排泄

尿酸値が高い人は尿量を1日2リットルに

尿酸は尿とともに体外に排泄されますから、尿の量が減ると尿酸の排泄量が落ち、尿酸値の上昇を招きます。尿酸値の高い人は、一定量の尿量を維持するために、こまめに水分補給を心がけることが大切です。

尿量が増えれば尿といっしょに排泄される尿酸量が増えるのと同時に、尿の濃度が薄くなることで水溶性の尿酸が尿内に溶け出す量も増え、一石二鳥の効果が期待できます。尿酸は血液中から腎臓を経由して尿中に溶け出して排泄されますから、水分を十分にとると、腎臓内への尿酸の蓄積も防ぐことができ、尿路結石や腎障害を予防する効果も高まります。

では、どのくらいの水分補給を心がければいいのでしょうか。1日にとる水分量は、排泄する尿量から逆算して決めていきます。一般に成人の尿量は、1日に0.8~1.2リットルほどです。体格や体質、生活習慣などによって個人差がありますが、高尿酸血症の人や痛風発作を起こした経験のある人は、1日2リットル以上の尿量を目標にするといいでしょう。
2リットル以上の水を飲む習慣が大切

水やお茶の摂取量は1日最低1.5リットル

1日に2 リットルの尿を出すためには、同量以上の水分補給が必要になります。といっても、水分は水やお茶以外に食事からも補給されますので、1日2リットルの水分補給が必要というわけではありません。それでも1日に最低1.5リットルの水分をとるように心がけたいものです。
水分補給が大切と聞いて、自分はビールや焼酎の水割を毎日たくさん飲んでいるので、十分に足りていると思う人が少なからずいます。
でも、これは水分補給にはなりません。確かにアルコールには強い利尿作用があり、大量に飲めば尿量は増えますが、アルコール自体に尿酸を増加させる作用がありますから、尿酸の排泄にはつながらず、さらに尿酸値を上昇させるだけです。

また、強い利尿作用のせいで、体内の必要な水分までも尿として排泄してしまいます。これでは、水分補給にならないどころか、逆に脱水症状を引き起こしかねません。水分補給をするには、水や緑茶、麦茶、ウーロン茶などのほか、無糖の紅茶などがおすすめです。ジュース類は100% のものでも糖分の過剰摂取につながりますから、避けたほうが賢明です。
水分摂取には活泉水がおすすめです。

のどの渇きにかかわらず水分補給を習慣化する

のどの渇きを感じたときに水を飲むのは自然なことですから簡単にできますが、1日に最低1.5リットルの水分補給となると、のどが渇いていないときでも水を飲まないと達成できません。大した苦痛でもないと思う人が多いでしょうが、1日だけならともかく、実際の生活では、そう簡単にいくものではありません。

必要を感じないため飲むことを忘れ、水分補給の大切さもどこかへ飛んでいってしまうのが通常のパターンです。そこで、水分補給をするタイミングを、次のように日常生活の中で習慣化する方法が有効です。

朝の起床時
失われた水分を、朝一番に補うため、起床したらすぐにコップ1~2杯の水を飲む習慣を。
食事中
食事中だけでなく、食前、食後に水やお茶を飲むのも効果的な水分補給に。
ウォーキングなどの運動の最中
運動の前後、最中は水分補給が大切。運動を行うときは水を携帯し、汗をかく、かかないに関係なく、こまめに補給を。
入浴の前後
入浴による大量の発汗で失われる水分を、前後に補給します。ただし、入浴後のど一ルは不可。
就寝前
就寝中の発汗などに備えて、寝る前には必ず水分補給を。
夜、目が覚めたとき
夜中に目が覚めてトイレに行った後なども水分補給をすると効果的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください