アルコールは尿酸値を上昇させ、痛風発作の引き金に

適量を守ればお酒は健康効果がある

酒は昔から百薬の長といわれ、心身に大きな健康効果をもたらします。適度な飲酒は、食欲の増進、血行の促進、血圧の正常化、心身の疲労回復、ストレス解消など、実にさまざまな効果をもたらすことが医学的にも証明されています。

しかし、アルコールには、それとはまったく逆の面があります。多くの人が、深酒をしてひどい二日酔いに苦しんだ体験をしているように、アルコールは適量を超えると、体にとっては害以外の何ものでもありません。それだけに、適量を超えた飲酒を長期間にわたって続けていると、アルコールの害は全身に及び、大切な臓器などに深刻な障害を引き起こします。
お酒は「百薬の長」か?[本当]

大量の飲酒は肝臓以外にもさまざまな臓器に障害を起こす

アルコールによる健康障害の主な例として、まずアルコールを分解する臓器である肝臓の障害が挙げられます。過度のアルコールが連続して体内に入ると、肝臓の分解・処理能力を超えてしまいます。そうなると肝臓そのものが疲れきり、機能低下を起こしてしまいます。
症状が進むと、たとえば、脂肪肝から慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへと移行する危険性があります。そのほかアルコールは、新たな国民病といわれるほど患者が急増している糖尿病を引き起こす危険因子になったり、脳や腎臓に障害を起こす原因になったりします。
依存症になって、正常な日常生活が送れなくなる場合もあります。過度の飲酒は絶対に避けるようにしましょう。
2週間の禁酒が脂肪値を半分に

アルコールは尿酸排泄を抑制痛風発作は飲酒の翌日に多い

アルコールは、尿酸値を上昇させる作用もあります。痛風患者は美食家に多いといわれますが、同時に大酒家に多いのも事実です。
美食に酒はつきものといったところでしょうが、実際、痛風発作は、大量の飲酒をした翌日に起こることが多くなっています。では、なぜアルコールは尿酸値を上昇させるのでしょうか。

そもそもアルコールには、尿酸のもとになる物質(ATP)を分解する作用があり、体内に入っただけで尿酸の産生を促進します。また、アルコールが体内で分解されてできる乳酸などの物質が、腎臓の機能に影響を与え、尿酸の排泄にブレーキがかかってしまうこともわかっています。
尿酸値の高い人は絶対に禁酒しなければならないというわけではありませんが、なるべく控えるに越しことはありません。飲む場合も、適量を守り、週に2日の「休肝日」を設けるようにしましょう。
日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内というのは常に頭に入れておくべきでしょう。

プリン体の少ない焼酎でも中性脂肪を上昇させる

酒にはさまざまな俗説や迷信がつきまとっています。なかでもよく耳にするのが、「焼酎はプリン体が少ないから、尿酸値を上げない」というもの。
しかし、この説には科学的根拠は全くありません。確かに焼酎には、ほとんどプリン体が含まれていません。あらゆるアルコールの中で、含有量は最低です。しかし、だからといって尿酸値を上げないかというと、事実は逆です。
アルコールは体内に入ると、尿酸のもとになる物質(ATP ) の分解を促進し、尿酸をどんどんつくり出します。
これはアルコールという成分の働きであって、飲んでいるアルコールにプリン体が含まれているかどうかは関係ありません。焼酎でも適量を超えて飲みすぎれば、尿酸値を上昇させますから要注意です。