高脂血症は血液の脂質異常

高脂血症とは

「高脂血症」(脂質異常症)は、血液中に溶けている中性脂肪やコレステロールなどの脂質の値が高く、異常な状態です。これは、脂質や糖質の摂り過ぎが原因となって起こった、血液の脂質異常です。そして、高脂血症の中でも、中性脂肪の値が異常に高い状態を「高トリグリセライド血症」、コレステロールの値が異常に高い状態を「高コレステロール血症」といいます。

高脂血症は、いつの間にか高脂血症になっていて、特に自覚する症状も無く、普段の生活にもほとんど支障がありません。ですから、健康診断の血液検査などで判明することが多く、かなり進行しているケースもあるのです。

高脂血症のタイプは6つ

高脂血症は、脂質(リポたんぱく)の増加の状態により6つのタイプに分けられます。
【タイプⅠ】・・・特にカイロミクロンが増加し、中性脂肪値が非常に高い。
【タイプⅡa】・・・LDLだけが増加していて、中性脂肪値は正常。遺伝性である。
【タイプⅡb】・・・VLDLとLDLが増加し、中性脂肪値が高い。
【タイプⅢ】・・・特にLDLが増加し、コレステロール値と中性脂肪値がどちらも高い。
【タイプⅣ】・・・VLDLが増加していて、中性脂肪値が高い。
【タイプⅤ】・・・カイロミクロンとVLDLが増加し、中性脂肪値が高い。

血液中に中性脂肪が増えすぎの「高トリグリセライド血症」

高脂血症というと、一般によく知られているのは「高コレステロール血症」ですが、もうひとつ、「高トリグリセライド血症」も問題となっています。高トリグリセライド血症は、特に中性脂肪の値が高い状態です。判断基準値は、150mg/dl以上です。高脂血症や動脈硬化を解消するには、コレステロールだけでなく、中性脂肪にも注意が必要だということです。

日本人の男性には、この高トリグリセライド血症の人が近年非常に増えているといわれています。これには、アルコールや肥満が大きく影響しているようです。

血液中にコレステロールが増えすぎの「高コレステロール血症」

「高コレステロール血症」は、高脂血症のうち、特に血清コレステロールの値が高い状態です。判断基準値は、220mg/dl以上となっています。
 ※2007年に改められた基準値では、『高LDLコレステロール血症』・・・LDLコレステロールが140mg/dl以上、『低HDLコレステロール血症』・・・HDLコレステロールが40mg/dl未満とされています。

食生活などが欧米化したため、日本でも高コレステロール血症になる人が増えています。糖尿病を患っている人の中に、特に多く見られます。

エネルギー源となる中性脂肪

中性脂肪とはどんな物質か

中性脂肪は、グリセロール(グリセリン)と3つの脂肪酸が、酸とアルコールが結合して起こる化学反応(エステル結合)を起こした物質です。グリセロールというのは学名であって、一般に物質としての名称では「グリセリン」と呼ばれます。またの名で「トリアシルグリセロール」ともいわれます。このグリセリンは、室温では油状になっています。

中性脂肪は私たちの体の中の脂質のひとつで、食物を通じて体内に取り入れられるものと、肝臓で合成されるものがあります。中性脂肪の働きとしては、寒いときに体が放熱するのを防いで体温を一定に保ったり、皮下に蓄えられた脂質が内臓を外部からの衝撃から守ったりします。

中性脂肪のエネルギー生産量

中性脂肪は容積が小さくて軽く、水を含んでいません。そして、炭水化物やたんぱく質と比べると、単位量当たりのエネルギー生産量が高いという特徴があります。

脂肪細胞内に蓄えられた中性脂肪が化学反応を起こし完全に燃焼すると、1グラム当たりでおよそ9キロカロリーのエネルギーとなります。ですから、例えば、体重が60キログラムの人であれば、脂肪が約9キログラムあって、エネルギーは約8万1千キロカロリー蓄えられていることとなります。

貯蓄用のエネルギー

私たちの体の中の脂質は、中性脂肪として脂肪細胞内に蓄えられています。これらの貯蓄された脂肪は、長時間エネルギーの補給がないときに使われ、緊急時のエネルギー源となります。中性脂肪はエネルギーの貯蓄率が高いので、貯蓄用エネルギーとして最適です。

中性脂肪は、まず、ホルモン感受性リパーゼという酵素の作用によって、遊離脂肪酸とグリセロールに分解されます。この遊離脂肪酸が血液中に放出され、血漿アルブミンと結合します。そして、動脈から全身の細胞へと運ばれ、エネルギーとして使われるのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働き

一般に「善玉コレステロール」といわれているHDLは血管の中のコレステロールを回収する働きをし、「悪玉コレステロール」といわれているLDLはコレステロールを運ぶ働きがあります。

善玉コレステロールの働きは血管内のコレステロールを回収すること

高比重リポたんぱく(HDL)は一般的に善玉コレステロールと呼ばれ、血液中のコレステロールや肝臓で合成され全身の末梢組織の血管の壁に溜まった低比重リポたんぱく(LDL)を回収する働きをしています。

HDLは肝臓で合成されるのですが、そのほかにも、カイロミクロンや超低比重リポたんぱく(VLDL)がLDLに変わるリポたんぱく代謝の過程でつくられます。

体の中にHDLが少ないと、血液の中や血管の壁に溜まったコレステロールがじゅうぶんに回収されずに、血管が狭くなったり、もろくなります。この症状が動脈硬化の始まりで、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患にかかりやすくなるのです。

アメリカでは、HDLの量が少なくLDLの量が多い家系の人は、平均寿命が7~8年短いという調査報告がありますが、つまり、善玉コレステロールが多いほうが、健康で長生きできるということでしょう。

善玉コレステロールは生活習慣の悪さで減ってしまう

体に中性脂肪の量が多くなると、善玉コレステロールの量が減ります。適度な運動では増加し、運動不足や肥満、喫煙するなど生活習慣があまり良くない人は、善玉コレステロールが減少してしまうのです。

悪玉コレステロールはコレステロールを全身の細胞へ運ぶ

コレステロールは、私たちの細胞をつくる材料となったり、その細胞の中に蓄えられたりします。もともと体内でつくられる脂質で、私たちが生きていくうえで必要な物質です。食事から取り入れられ、肝臓で合成されたコレステロールは、LDL(低比重リポたんぱく)=悪玉コレステロールが全身の細胞へと運びます。これがLDLの大切な働きです。

大切な働きをするのに「悪玉」と呼ばれるのは何故?

血液中にLDLが増えすぎると血管壁にコレステロールが溜まり、動脈硬化を引き起こすことになります。つまり、LDLは、大事なものですが、多すぎると悪玉として問題となるのです。

血液中の脂質の移動

脂肪はそのままでは血液中を移動できない

体内に食事から取り入れられた脂肪は、血液の流れとともに全身の組織へと運ばれていき、脂肪を必要とする細胞まで進んでいきます。ですが、コレステロールや中性脂肪といった脂質は脂なので、そのままの形では水や血液に溶け込めません。もしも脂肪のままの形で血液の中に入り込んだら、血液は拒絶反応を起こします。そこで、コレステロールや中性脂肪は、ほかの力を借りて血液の中を移動するのです。

「アポたんぱく」と「リポたんぱく」

コレステロールや中性脂肪は、仲間のリン脂質や、「アポたんぱく」という特殊なたんぱく質に包まれて運ばれていきます。この「アポたんぱく」は、水にも脂にもなじむ優れた性質を持っています。そして、リン脂質やアポたんぱくで包まれたこの脂質のことを「リポたんぱく」といいます。

「リポたんぱく」となったコレステロールや中性脂肪は、水に溶ける性質になって血液の中に入り込めるようになり、脂質は全身へと運ばれます。

リポたんぱくの種類と働き

リポたんぱくは、その大きさによって、カイロミクロン、超低比重リポたんぱく(VLDL)、中間比重リポたんぱく(IDL)、低比重リポたんぱく(LDL)、高比重リポたんぱく(HDL)の5つに分類されます。それぞれの脂肪組織によって大きさや比重が異なり、体内での働きも異なります。

カイロミクロン

リポたんぱくの中で一番大きく、水の重さを1とすると、0.95未満で水よりも軽く、おもな脂質は中性脂肪が約85%です。食物から吸収した脂質を肝臓へ運ぶ働きがあります。また、コレステロールの合成を調整します。

超低比重リポたんぱく(VLDL)

比較的大きなリポたんぱくで、中性脂肪が約55%です。比重はおよそ0.95~1.00と水に近いです。肝臓で合成された脂質を全身の末梢組織へと運びます。コレステロールを調節しますが、悪玉といわれるコレステロールのひとつです。

中間比重リポたんぱく(IDL)

大きさはVLDLの半分ほどで、水との比重はおよそ1.00~1.02です。脂質は中性脂肪が約40%で、コレステロールが約35%です。全身の末梢組織へコレステロールを運び、代謝を調節します。これも悪玉コレステロールのひとつです。

低比重リポたんぱく(LDL)

水との比重がおよそ1.02~1.06と水よりも重くなっていて、コレステロールが約45%です。血液中に存在し、脂質を全身の末梢組織へ運びます。これは悪玉コレステロールの代表で、動脈硬化などの危険因子です。

高比重リポたんぱく(HDL)

約50%がリン脂質で、比重はおよそ1.06~1.21と一番重いリポたんぱくです。全身の末梢組織から余分なコレステロールを取り、肝臓へ運ぶ働きをします。これは脂分が少なく、善玉コレステロールといいます。

中性脂肪は血液中の脂質のひとつ

血液の成分について

自分の体内にどれくらいの血液があるか知っているでしょうか?人の体の中にある血液の量は、その人の体重の13分の1の量、だいたい8パーセントくらいだといわれています。例えば、体重が50キログラムの人ならば4リットルくらいの血液があります。

血液は、血漿(けっしょう)という液体成分と、赤血球、白血球、血小板という有形細胞成分でできています。血漿のほとんどは水分で、ほかに、たんぱく質や脂質、糖質、ミネラル、ホルモン、ビタミンなどで構成されています。そして、その中のひとつである脂質には、さらに4つの種類の脂質が含まれています。それは、次に挙げるコレステロール、リン脂質、中性脂肪(トリグリセライド)、遊離脂肪酸です。

コレステロール

コレステロールは、人間の体を作っている細胞の、細胞膜を形成する物質です。ほとんどが肝臓で合成されるのですが、副腎皮質ホルモンや胆汁酸の材料でもあります。不足した場合に免疫力の低下を招いたり、脳出血の危険を増します。

リン脂質

リン脂質は、コレステロールと同じく細胞膜の構成成分です。脂肪が体内でエネルギーとして使われたり蓄えられたりする時に、たんぱく質と結びついて血液中を移動します。水に溶けない性質をもつ物質を水になじませる働きをします。

中性脂肪

中性脂肪は、体脂肪の大部分を占める物質で、とりすぎると肥満を招きますが、肝臓や脂肪細胞に蓄えられる重要なエネルギー源でもあります。

遊離脂肪酸

遊離脂肪酸は、肝臓や脂肪細胞内に蓄えられた中性脂肪が酵素によって分解され、血液中に放出されたものをいいます。血液中を運ばれて、エネルギーとして利用されます。

子供の成人病の危険

子供の肥満と成人病の関係が明らかになっていて、現在肥満の子供は、将来には心臓血管系の病気にかかる確率が高いことがわかっています。

肥満の子供の増加

日本では子供の脂肪摂取量が、目安とされる30パーセントを1980年代から超えて、その割合は現在でも増えています。このような肥満ぎみの子供や、既に肥満になっている子供は、将来に心臓血管障害を起こす傾向が高いことが明らかになっていて、それとともに、子供の成人病(生活習慣病)が増加する傾向にあります。

子供の生活習慣の問題点

それでは、肥満の子供が増えているのは何故でしょうか。それは、まず、日本人の生活が豊かになり、食べ物が欧米化してきたことにあるでしょう。これは、当然大人にも当てはまります。欧米型の食事では、どうしても脂肪分の高いものが多く、カロリーも増えます。

また、幼い頃から習い事をしたり学習塾へ通ったりするために、食事が不規則になるようなことも原因です。手軽に何でも食べられるコンビニエンスストアやファストフード店のもので済ませてしまい、肥満につながる食品を口にしているのです。

次に、子供たちが外で遊ぶことが少なくなったことです。つまり、ゲームやインターネットに夢中で、屋外で元気よく走りまわることがなくなった子供たちは、大人と同じで運動不足になっています。

このように、現代の社会的背景も、子供の肥満に大きな影響を及ぼしています。

知っておきたい自分の肥満度

肥満は、成人病の温床といえる状態です。血液検査で自分が肥満であるかを調べ、もしも肥満の場合には改善していくことが必要です。

まずは自分の肥満度を知る

動脈硬化を悪化させ、脳卒中や心臓病を引き起こすもととなる肥満。自分が肥満なのかというのは、たいてい自身でわかっていると思いますが、本当に自分が肥満で、そして治療、改善が必要であるのかどうかを判定するには、肥満の度合いを測定しないといけません。この肥満度を測定するには、方法がいくつかあります。

『ブローカ指数』というものがあり、これは一般的にも知られているのですが、自分の身長から100を引いて、そこに0.9をかけます。これで標準体重を求めるものですが、この方法だと標準体重が、身長の高い人は重く、低い人は軽くなってしまうという欠点があります。上の計算で出た数値を次の式に入れます。
(実際の体重-標準体重)÷ 標準体重×100
この結果が、-10パーセント~+10パーセントの範囲内であれば標準となります。

そして現在推奨されているのは「BMI方式」というものです。ボディーマスインデックス方式(ケトレー指数)といいます。自分の体重(kg)割る身長(m)の2乗を計算し、22を標準体重の指数とします。このBMI方式では、計算で出た数値のプラスマイナス10パーセントくらい(20~24)は標準体重と判定され、正常範囲となります。

中性脂肪の増減はほぼ食事で決まる

食べ物として体の外から摂取するエネルギーと、生活の中で消費されるエネルギーとの差で、肥満になります。消費されるエネルギーが少ないときに余分なエネルギーが中性脂肪となって、体内のさまざまな箇所に蓄積されるのです。ですから、食べる量を減らし、さらに運動をすれば、肥満は改善されていきます。

中性脂肪は食事の影響を受けやすく、中性脂肪量のほとんどが食事に左右されます。肥満を改善するためには、早食いや大食いを避けたり、脂分の多い食品を減らすなど、食生活を見直さなければなりません。そして、できるだけ適度な運動をするように心がけるのも大事なことです。

動脈硬化の危険因子となる中性脂肪

中性脂肪(トリグリセライド)は体内に蓄積されていて人間の活力源となっていますが、とり過ぎると動脈硬化の原因となります。動脈硬化とは、動脈の壁が硬くなり弾力性がなくなることで、コレステロールなどが動脈の壁の内側に沈着して、動脈自体がもろくなることです。

中性脂肪とコレステロール

コレステロールには、血中コレステロールを回収する善玉(HDL)と、コレステロールを運ぶ悪玉(LDL)があります。中性脂肪は、コレステロールを取り去る働きをする善玉コレステロールを生成する、重要な働きをしています。私たちの体内では善玉コレステロールが増加すると、必然的に悪玉コレステロールが減少します。

中性脂肪は、私たちの体の中に最も多く存在している脂質で、エネルギーの源として使われたり、蓄えられたりします。肝臓でも合成されるのですが、ほとんどは食事として体の外から取り入れられます。ご飯やパンなどの穀類、砂糖、アルコールといったものも、小腸で吸収されたあと中性脂肪になります。

糖質やたんぱく質の1グラムのエネルギーはおよそ4キロカロリーとされていますが、中性脂肪の場合は1グラムのエネルギーがおよそ9キロカロリーとなります。このように、エネルギーの貯蓄の効率を見てみると、中性脂肪が非常に優れていることがわかり、私たちの活力のもととなっています。私たちが生きていくうえで、どうしても一定量の中性脂肪が必要なのです。

中性脂肪のとり過ぎに注意する

私たちには一定量の中性脂肪が必要だということがわかりましたが、その量が多すぎると、今度はいろいろな問題が起こってきます。

体に脂肪が増え肥満になると、悪玉コレステロール(LDL)の生産も増えます。そうすると次第に中性脂肪やコレステロールが増加しはじめ、結果的には善玉コレステロール(HDL)が減少してしまいます。

つまり、増えすぎてしまった余分な中性脂肪が、悪玉のLDLを増やし、善玉のHDLを減らして、動脈硬化を促進するのです。動脈硬化は血管の老化現象で、全身のどの動脈にも起こります。そして、脳卒中や心臓病、糖尿病といった恐ろしい成人病を引き起こすことになります。

成人病はいわゆる生活習慣病です。中性脂肪を減らすためには、まずは肥満を解消しましょう。食べ過ぎは肥満の大敵で、そこに運動不足や飲酒、また、喫煙が重なると、健康な体とは程遠い危険な状態なのです。

肥満は成人病の要素を抱えた状態

肥満に悩む人は大勢いるでしょう。肥満は、さまざまな病気になる要素を抱えている、とても危険な状態なのです。

余分な脂肪が細胞に蓄えられる

肥満とは、脂肪が体に余分についた状態をいいます。体重が多い人が肥満とは限らないし、パッと見で太っているとはいえない場合でも、実は肥満の人がいます。私たちの体では、食事から取り入れるエネルギーよりも普段の生活で消費されるエネルギーのほうが少ないとき、余分なエネルギーが体内に脂肪として蓄えられ、この脂肪のことを中性脂肪(トリグリセライド)といいます。肥満になる原因はおもに食べ過ぎなのですが、肥満は成人病の温床であるといわれています。

肥満の分類

脂肪のつきかたによって、肥満は次のふたつのタイプに分けられます。『皮下脂肪型肥満』と『内臓脂肪型肥満』です。皮下脂肪型肥満は、脂肪が主にお腹や腰まわり、おしり、太ももなどの皮下に蓄積されていて、女性に多い肥満のタイプです。脂肪のついた体型が洋梨に似ていることから洋梨型肥満とも呼ばれます。もうひとつの内臓脂肪型肥満は、脂肪が主にお腹まわりの内臓に蓄積され、中年男性に多い肥満のタイプです。こちらはリンゴに似ていることからリンゴ型肥満とも呼ばれます。

皮下脂肪型肥満の場合は見た目にも太っていることがわかりますが、内臓脂肪型肥満の場合、外見からではわからないことがあり、本人も肥満の自覚がありません。

内臓脂肪型肥満は高脂血症に注意

ふたつのタイプの肥満のうち、内臓脂肪型肥満の人は、皮下脂肪型肥満の人に比べ高脂血症になりやすいことがわかっています。検査をすると、血清脂質の中でも特に中性脂肪の値が高く、善玉コレステロール(HDL)の値が低くなります。また、糖や脂質の代謝異常を起こして血糖値も高くなるので、高血圧や糖尿病にもなりやすいです。

糖質制限食はこちら

中性脂肪が高い人のための改善策と基礎知識。