neutralfat

さらさら たまねぎ皮茶 口コミ コレステロール が下がった

国産 さらさら たまねぎ皮茶

さらさら 玉ねぎ皮茶 口コミ コレステロール が下がったので紹介します。先人から伝わる民間療法とはいえ侮れない、たまねぎの皮茶。現在でもこうして実践されているのは、その効果が本物だからこそ。取り返しのつかない事態を未然に防ぐこの先人の知恵は、現代科学でも様々な観点からもその優位性は確認されています。

さらさら 玉ねぎ皮茶 口コミ コレステロール が下がった

コレステロール値が 国産 さらさら たまねぎ皮茶 のおかげで 1 ヶ月 程度で下がりました。健康オタクを自認する私ですが、春の健康診断で コレステロール 値が219 mg / dl と高くなっていたのでびっくりしてしまいました。

コレステロールは、体に必要な脂質です。しかし、コレステロール値が高すぎると、動脈硬化や心臓病などのリスクが高くなります。コレステロール値は、健康診断でチェックすることができます。コレステロール値が高い場合は、食事療法や運動療法で改善することができます。

コレステロール値が高い自覚症状はありません。そのため、定期的に健康診断を受けて、コレステロール値をチェックすることが大切だということを身をもって知りました。

このまま放置していては、脳卒中のリスクが高まると危機感を感じて、血液サラサラ効果が話題の「 国産 さらさら たまねぎ皮茶 」を早速毎日飲むようにしました。

すると飲用約 1 ヶ月ほどで コレステロール 値が 150 台 に降下。まさに効果てきめんでした。さらに体重も 2 kg 落ちて、血液浄化による体調のよさを実感しています。体の毒素がたまねぎ皮茶のポリフェノールや食物繊維で少しずつ排出されているイメージです。

廃棄する玉ねぎの皮に栄養がたっぷり

料理には適さず、普段捨ててしまうこの玉ねぎの皮には、強力なサラサラ成分=ポリフェノール・ケルセチンが含有されています。その含有量は、なんと可食部の30倍。さらにこのケルセチン、熱に非常に強く、湯に溶け出やすい特質を持つため、お茶として、手軽にそして確実に摂取することができるのです。

ちなみに、たまねぎそのものにも健康に優れた栄養がたっぷりですが、玉ねぎの皮には、ビタミンC、ビタミンK、クエン酸、ケルセチン、フラボノイドなどの栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素は、抗酸化作用や抗炎症作用、免疫力向上作用、血管の健康維持作用、がん予防作用など、さまざまな健康効果が期待されています。

具体的には、玉ねぎの皮には、次のようなものが含まれています。

  • ビタミンC:抗酸化作用があり、老化や病気の予防に役立ちます。
  • ビタミンK:血液凝固に必要な栄養素です。
  • クエン酸:疲労回復や代謝促進に役立ちます。
  • ケルセチン:抗酸化作用があり、血圧を下げる効果が期待されています。
  • フラボノイド:抗酸化作用や抗炎症作用があり、がん予防に役立ちます。

玉ねぎの皮は、生で食べたり、煮込み料理にしたり、お茶にしたりすることができます。

毎日飲むものだから、おいしさにこだわりたい! と思っていましたが、とてもおいしく飲めるので苦ではありません。

  • 国産 さらさら たまねぎ皮茶 は、淡路産のたまねぎの皮を洗浄・乾燥・減菌をして、丹念に焙煎し、さらに誰もが慣れ親しんだ麦茶をブレンドした健康茶です。「毎日飲んでいただいて、皆さまに健康に暮らしていただきたい」との願いから、完成いたしました。味もまろやかで、大変おいしく仕上げています。
  • 話題の成分「 ケルセチン 」 健康維持にお勧めの ケルセチン が本品 たまねぎ の 皮粉末100 g中に1100 mgも入っていて、健康的な暮らしを応援します。麦茶配合で玉ねぎ独特の臭い・苦味・渋みをやわらげ、飲みやすくなっています。
  • 淡路産は栽培期間が長い 通常の玉ねぎの栽培期間は4ヶ月ですが、淡路参は6ヶ月。そのため甘みが増してケルセチンの成分も豊富です。

さらさら たまねぎ皮茶 栄養と効果

オススメ
国産 さらさら たまねぎ皮茶 は熱湯を注ぐだけでも召し上がれますが、ご面倒でも、煮出していただくとより多くの成分が抽出できるのでおすすめいたします。 血圧が高い 血糖値が高い場合は、深く煮出した方が効果があるとのことです。
お召しあがり方
お湯 1.5 ~ 2L に対して、さらさら たまねぎ皮茶 1 包を入れ、弱火で 10 ~ 15 分程度煮出してください。
栄養成分
( 1 袋を 2L のお湯で作った場合の 100 g あたり) エネルギー:1Kcal たんぱく質:0.1 g 脂質:0.1 g 炭水化物:0.2g カルシウム:0.9 mg カリウム:5.9 mg マグネシウム0.2 mg (本品たまねぎの皮粉末 100 g あたり) ケルセチン:1100 mg

朝起きた時や、夜寝る前に、又お食事のとき、スポーツの水分補給等にと、毎日のお茶代わりに「さらさらたまねぎ茶」をどうぞ。煮出した後、冷蔵庫で冷やしてもおいしくお飲みいただけます。

エネルギー過多を抑える食事

起床後 ジョギング 危険 心臓のためにやってはいけない朝の習慣、夜の習慣がある

起床後 ジョギング 危険

心臓のためにやってはいけない朝の習慣、夜の習慣があります。それは、起きてすぐに行うジョギングです。なぜ、起床後 ジョギング 危険 なのかを紹介します。

起床後 ジョギング 危険

特に太りすぎではなくても、運動不足を気にしている現代人は多いものです。運動不足=メタボになりやすい、生活習慣病になりやすい、さあ大変だ、というわけで、その解消にまず取り組みやすいのがジョギングでしょう。手軽にはじめられる上にお金もかかりませんし、健康にもいいということでやらない理由が見つからないほどです。

早起きをして爽やかな空気の中を走るのは、なんて健康的なのだろう、と真面目な人ほど毎日一生懸命走ります。しかし、それこそ寿命を縮めている原因になっているかもしれません。

体にいいことをしているつもりでも心臓には大きな負荷がかかってる場合もあるのです。朝はまだ、体内の機能がしっかり目覚めていませんから、いきなり体を動かすという急激な変化に体がついていけません。また、就寝中に汗をかくことによって体内の水分も失われており、血液はドロドロで血管が詰まりやすい状態とも言えます。朝は、起きたらまずコップ1杯の水を飲むのが基本です。 水を飲むタイミング はこちらのサイトに詳細が紹介されています。

特に冬は、寒さで血管が収縮して血圧が上がるので、朝のジョギングは体にいいどころか生命の危険すらあります。ジョギング中に突然死した中高年の人は、ほとんど朝に倒れています。

ジョギングを提唱したアメリカのジム・フィックス氏は、1970年代、30代で100kg 近くあった体重を毎日15㎞ のジョギングで、30kg 以上落とす減量に成功しました。その経験と健康法をまとめた著書(邦題『奇跡のランニング』) は大ベストセラーとなり、世界中にジョギングブームを巻き起こしました。しかし、その後もジョギングを日課としていたフィックス氏自身は、52歳のとき、ジョギング中に心筋梗塞で突然死してしまったのです。

運動が体にいいといっても、体の状態と状況によって影響は異なります。血圧が高めになったり、血中脂質が増えたりしやすい中高年、特に60歳以上の人には朝のジョギングは厳禁です。

どうしても走りたいなら夕方がおすすめです。朝は、散歩や一駅分歩く程度のほどほどの負荷に留めておくべきでしょう。

ジョギングだけではない「入浴法」も血圧の変化に注意する

血管の収縮で気をつけたいことには、入浴法もあります。体を温めるという点で、入浴は素晴らしいものです。住宅の欧米化によって、今ではどこの家庭にもシャワーがあり、シャワーを浴びるだけで済ませる人も増えているようですが、それだけでは体の深部から温まることはできません。

ぜひ湯船にゆっくり浸かりたいものです。体温が上がれば、血管が拡張して血流が増え、副交感神経が優位になってリラックスします。

40度くらいのややぬるめのお湯に15分くらい浸かるのが効果的です。高血圧の方や心臓の弱い方は、みぞおちから下だけ浸かる「 半身浴 」がおすすめです。ただし、入浴中の死亡が全国で年間約1万7千人とも言われ、これは交通事故死 の4倍近い数字になります。
体の芯から温まる「半身浴」についてはこちら

暖かい部屋から寒いバスルームにいって服を脱げば、血管がきゅーっと縮んで脳出血を起こしやすくなります。そして熱い湯船に浸かって「あ〜いい湯だ」と声を出す頃には、今度は体温が上昇しすぎないように血管が拡張して、血圧が下がります。ほんの数分の間に血圧が上下するのですから、体には大変な負担です。くれぐれもお風呂の入り方には注意してください。

本来、健康に効用がある温泉地で、入浴による死亡事故があとを絶ちません。温泉地で倒れる方の多くは、団体旅行の強行スケジュールでやってきます。夜は盛り上がって料理もお酒も進みます。そしてせっかくだからと何度も入浴し、温泉に入ってアルコール分を飛ばしてしまえ、などという人もいるものです。しかし、お酒は血管を拡張させ、脱水状態をつくりますから、そのうえで熱い湯に浸かれば、血管がさらに拡張して血圧が急降下。心不全や脳梗塞を起こしやすくなるのです。飲酒後の入浴は言語道断、絶対にやめてください。

血圧の急上昇・心筋梗塞・脳梗塞を招くヒートショックの危険を音と光で知らせる GRUS ( グルス ) ヒートショックセンサー

発酵黒豆エキス 中性脂肪 もがっつり下げてくれるは万能飲料で血圧や血糖も下げる

発酵黒豆エキス 中性脂肪

発酵黒豆エキス 中性脂肪 もがっつり下げてくれるは万能飲料で血圧や血糖も下げてくれます。そんな発酵黒豆エキス について紹介します。
血圧や血糖値、コレステロール値などは、加齢とともに高くなり、それとともに生活習慣病の原因になります。この傾向に大きく関係しているのが、肥満です。
肥満がすすむと、血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪などの値も比例して高くなっていきます。

コロナ騒ぎで自宅待機が増えて運動不足、ストレス過多で少し食べ過ぎてしまったいる人にはおすすめの 発酵黒豆エキス です。1日におちょこ1杯でいいので続けるにもストレスがありません。

発酵黒豆エキス 中性脂肪 を下げる効果

さっぱりした味わいですーっと体にしみこんでいくのが分かります。1ヶ月続けると体が軽くなった感じがします。良質の国産黒豆、500年にわたって製法が伝承されている米麹、清流球磨川上流の地下水だけを用いて、添加物はいっさい加えず、じっくり発酵させています。歴史ある老舗が原材料もしっかりこだわっているので安心です。

黒豆を発酵した飲料ですが、黒豆に豊富なオリゴ糖には、腸内で脂肪や糖分の吸収を抑制する作用があります。食物繊維には、食物中の余分な脂肪を吸着して体外に排出する働きがあり、メタボの解消が期待できます。

黒大豆は、その大豆の持つ成分に加えて、黒豆アントシアニンというポリフェノールの一種の成分を特徴的に含んでいます。

黒豆アントシアニンとは、黒豆の黒い皮に含まれている色素で病気の原因の90%を占めるといわれる活性酸素を抑える働き「抗酸化作用が非常に高いと言われています。

アントシアニンというと、ブルーベリーなどの種皮があがりますが黒大豆の種皮には、ブルーベリーの約18倍ものアントシアニンが含まれているといわれています。

その黒豆由来の「ポリフェノール」「アミノ酸」に加え、白麹菌が生産する「クエン酸」白麹菌由来の「ビタミン」の他「ミネラル」等天然の素材をそのまま生かしました。

 

発酵黒豆エキス は黒豆の栄養成分を有効に分解するため、白麹菌により米麹を生かして発酵させ、国産黒豆100%で造っています。100%国産の黒豆に、国産米の米麹に、熊本県球磨川流域の自然豊かな環境での地下水だけで、他に何も加えず、全くの無添加で仕上げました。

ポリフェノール・アミノ酸・クエン酸・ミネラル等をたっぷり含んでいる健康飲料です。

中性脂肪を下げる食材