「中性脂肪を下げる食材」カテゴリーアーカイブ

脂肪を摂るならコレステロールを減らす不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

私たちが食事で脂肪を摂取すると、体内でグリセリンと脂肪酸に分解されます。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がありますが、飽和脂肪酸はコレステロールの値を上昇させ、不飽和脂肪酸は逆にコレステロール値を減少させる働きをもっています。

血液中に悪玉コレステロールが増えすぎると血管壁に付着し、血管が細くなって、動脈硬化の原因になってしまいます。つまり、コレステロールを増やす飽和脂肪酸のほうが私たちの体にとって有害となるので、脂肪(脂質)を摂取するなら不飽和脂肪酸のほうが良いということになります。

飽和脂肪酸は牛・豚・鶏肉の脂身、卵、バター、ラード(豚脂)やヘット(牛脂)などの動物性の脂肪に含まれ、不飽和脂肪酸は植物油やマーガリンといった植物性の脂肪に含まれています。また、動物性でも魚の脂肪の場合、主成分は不飽和脂肪酸で、飽和脂肪酸はほとんど含まれていません。

肉の脂は悪玉コレステロールを多く含んでいる

肉の中でもロースやバラ肉と呼ばれる部位には動物性脂肪がいっぱいで、これらのうちのおよそ9割が中性脂肪で、残りは遊離脂肪酸やコレステロール、リン脂質が含まれています。部位によって脂肪分はけっこう違い、例えば、牛肉ならサーロインにはヒレ肉の約2倍、豚肉ならバラ肉には脂身のないモモ肉の約15倍、鶏肉なら皮付きモモ肉にはササミの約3倍の脂肪分が含まれているのです。牛や豚肉に比べ、鶏肉には脂肪が少ないですが、皮の部分には多いので注意しましょう。

バター、ラード、ヘットなど常温で固体の油脂にもコレステロールを増やす働きがあるので、あまり食べないほうが良いです。

リノール酸が悪玉コレステロールを減らす

不飽和脂肪酸のひとつに、植物油の主な成分であるリノール酸があります。リノール酸は、細胞膜やリポたんぱくを構成する成分となったり、ホルモンの原料にもなる必須脂肪酸で、LDL(悪玉コレステロール)を下げる働きもします。リノール酸が多く含まれているのは、紅花油やコーン油、大豆油などです。しかし、体に良いといっても摂り過ぎるとHDL(善玉コレステロール)まで減らしてしまうことになるので気をつけたいところです。

魚に含まれるEPA・DHAが動脈硬化を防ぐ

魚に多く含まれている脂肪酸は不飽和脂肪酸で、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)があります。これらには血液をサラサラにする性質があって、血液の血小板凝固作用を抑え、肝臓でつくられるVLDL(超低比重リポたんぱく質=肝臓から組織へとコレステロールを運ぶ)の過剰生産を抑えて、中性脂肪の増加を防ぎます。動脈硬化の予防や高脂血症(脂質異常症)の改善には、1週間に3回以上は魚を食べるようにすると良いでしょう。

また、魚介類にはアミノ酸のタウリンが豊富に含まれていて、これにも、血中コレステロールを下げたり、血圧を正常に保つ働きがあります。

エノキに内蔵脂肪を減らす特効成分を発見!お腹やせ効果大

内蔵脂肪を減らす成分が多い

中高年になると、おなかがポッコリと突き出た内臓脂肪型肥満に、多くの人が悩むようになります。体型は、太っていないし、体重も若い頃と比べてそれほど増えていないのにお腹だけがポッコリと出てくるようになります。

内臓脂肪の蓄積は、食べすぎや運動不足などによって起こります。そのため、内臓脂肪を減らすには、適度な運動を行いながら、食事で脂肪や糖のとり過ぎを控えることが大切。

それと併せて、内臓脂肪型肥満の解消に、ぜひともおすすめしたい食材があります。
それは、食卓でもおなじみのエノキタケ(エノキ) というキノコです。

キノコ類は低カロリーの食材であり、すぐに満腹感を得られて摂取エネルギーを抑えられることから、ダイエット食材として人気が高まっています。
エノキをはじめ、マイタケ、シイタケ、ブナシメジなどのキノコ類は、生薬(漢方薬などの原材料となる植物や動物・鉱物・菌類など天然産物)としても利用されており、脂肪を消費しやすくし、胃腸や肝臓の働きを高め、免疫力(病気を防ぐ力)も強めるとされています。

こうしたキノコ類の中でも、エノキは内臓脂肪を減らす働きが特に強いのです。東洋医学において、体内で利用されない過剰な水分や脂肪を「湿邪」といいます。湿邪はおなかにたまりやすく、内臓脂肪も湿邪の1つと考えられています。

中国料理では、エノキはこの湿邪を取り除く健康食材として使われます。東洋医学において、エノキは内臓脂肪を減らすことに大きく役立つと考えられてきたのです。

では、エノキがどのように内臓脂肪減らしに役立つのかを、科学的に解明していきます。
まず1つめは、エノキには食物繊維が豊富なことです。食物繊維には、食事でとった余分な脂肪をからめ取り、排出する働きがあります。特に、エノキなどのキノコ類に含まれる食物繊維は、腸にたまりやすい性質があります。この食物繊維を分解しようとして、腸は活発に動き、結果として便通がよくなって、肥満の原因となる便秘の改善に役立つのです。

2つめは、エノキにキノコキトサンが多いことです。キノコキトサンは多糖類の一種で、脂肪を分解して吸収しやすくする酵素の働きを抑えることがわかっています。キノコキトサンは、数あるキノコの中でも、エノキに最も多く含まれています。

さらに3つめは、最近の研究で、脂肪を直接、強力に燃やす成分がエノキに見つかったことです。これは、横浜薬科大学の研究で発見された「エノキタケリノール酸」というエノキ特有の成分です。

内臓脂肪が2割以上も減少

激しい運動などをすると、私たちの体内では、アドレナリンというホルモンが分泌されます。そして、体内の脂肪ベータ細胞の表面には「β-アドレナリン」という受容体があり、分泌されたアドレナリンがβ-アドレナリンを刺激することで、脂肪が燃えるしくみになっています。

しかし、運動不足でアドレナリンの分泌量が減ったり、甘いものや脂っこいものをとり過ぎたりすると、脂肪は十分に燃やされません。その結果、特に腹部にある臓器の周囲に内臓脂肪がたまりやすくなり、おなか太りを招いてしまうのです。

エノキタケリノール酸には、このβ-アドレナリンを刺激し、脂肪を燃やす働きがあります。特筆すべきは、内臓脂肪を集中的に燃やすことです。研究グループが行った試験によって、エノキタケリノール酸の内臓脂肪を減らす働きが実証されています。

試験では、BMI値が26~30 の男女250人を対象に、干しエノキを8週間とってもらいました。その結果、内臓脂肪の量が平均で23% 減少したのです。この研究結果は、国際会議の講演や論文で発表され、大きな反響を呼びました。

このように、エノキの内臓脂肪減らし作用には目を見張るものがあります。そして、こうしたエノキの働きを、手軽に、しかも効率よく利用する方法もわかりました。
それは「エノキ茶」を手作りして飲むことです。エノキ茶を飲めば、エノキタケリノール酸を効率よくとることができます。

実際にエノキ茶でウェストが痩せた人の感想がこちらにあります。