高血圧症

血圧を管理する

血圧は、血管内を血液が流れる時に血管にかかる圧力のことで、最高血圧と最低血圧を測定します。最高血圧とは心臓が収縮して血液を動脈に送り出す時の血圧であり、収縮期血圧ともいわれます。心臓が収縮すると心臓から動脈へと血液が押し出されて血圧が上がります。最低血圧は心臓が拡張して血管にかかる圧力が少なくなった時の血圧を指し、拡張期血圧ともいわれます。心臓が拡張すると動脈内の血液が減り、血圧が下がります。

このように、血圧は、心臓の収縮力や血管の緊張、弾力性、血液の容積などによっても変化します。また、一日の生活の中でも変動し、その時の体調はもちろん、季節や天候なども影響するのです。

収縮期血圧が140mmHg未満、拡張期血圧が90mmHg未満の値(日本高血圧学会、高血圧治療ガイドライン2009年版)で血圧は正常だとされていますが、これは病院などで測った場合です。病院などで測定すると緊張してしまって、その人の本来の血圧よりも値が高く出てしまう人もいることから、家庭で測る家庭血圧も注目されています。家庭血圧の正常値は、収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満とされています。

血圧を測るのは利き腕と反対の腕です。正確に測るためには、少なくとも15分間は安静にしてからの状態で測るのが良いでしょう。家庭で血圧を測ったら、毎回その数値を手帳などに記入しておくと、病院へ行った時に参考になります。

血圧が高くなると、さまざまな病気の引き金となります。自分の血圧が正常な範囲内にあるように血圧の管理をおこなって、脳卒中や心臓病などを予防しましょう。

高血圧は心臓を肥大させ動脈硬化の原因になる

血液にはタンパク質や脂質などが含まれていて、液体といっても、かなり粘度が高いです。この粘度の高い液体を毛細血管のすみずみまでスムーズに送るためには、大きな力が必要です。

血圧が高くなると、それまで以上に血液を送り出す力を大きくしなければならないため、心臓は肥大します。血管にかかる負担も大きくなって、動脈硬化が促進されてしまい、血管は詰まりやすくなったり、破れやすくなったりします。

高血圧の原因となること

高血圧症の原因にはさまざまなことが考えられますが、最大の原因となるのは塩分の摂りすぎです。食塩はナトリウムと塩素からできていますが、ナトリウムには体内の水分量を適切に調節する働きがあり、水分と結合する性質があって、血液中のナトリウムが増えると水分も増え血圧が上がります。高血圧の人の場合、1日の塩分摂取量は6グラム未満(日本高血圧学会、高血圧治療ガイドライン2009年版)が目標です。

そのほか日常生活で気をつけることは、規則正しい生活をすることをはじめとして、処方されている降圧剤はきちんと飲む、アルコールやたばこを控える、適度な運動をする、防寒対策をする、などです。

血圧を下がった!

降圧剤でなかなか下がらなかった血圧が体質に合った食材や健康食品で下がったという実際の体験談です。自分の体質に合うものと出会うことで副作用の多い降圧剤を使わずに血圧を下げることになります。

脳血管障害(脳卒中)

脳血管疾患も中性脂肪と関わりがあります。脳の血管が動脈硬化になることで、脳出血や脳梗塞(のうこうそく)など脳血管障害がおこります。

脳卒中

脳卒中は、脳の血管が破裂して出血したり、血管に血液が流れにくくなったり、血管が詰まったりする病気のことで、種類がいくつかありますが、それらをまとめてそう呼びます。いつも元気だった人が、ある日、突然倒れて、半身麻痺(まひ)などの障害を起こしたり、死に至ることもある恐ろしい病気なのです。

脳卒中は、脳出血と脳梗塞のふたつに大きく分けられます。脳出血では、脳自体の血管が破れ出血が起きたり、脳のくも膜の下にできた動脈瘤が破裂し出血(くも膜下出血)が起きたりします。脳は、硬膜・くも膜・軟膜という3層の膜に包まれていて、これらの脳膜の間に満ちた髄液が外部からの衝撃を和らげていますが、くも膜下出血は、くも膜と軟膜の間で出血が起こります。脳梗塞では、動脈が硬化して狭くなった脳の血管に血液のかたまりが詰まったり、血管が完全に塞がれたりします。一時的に起こり脳梗塞の前触れともいわれる一過性脳虚血発作もあります。

中年で高血圧の人は脳出血に注意

脳出血は40歳~50歳代の中年の人によく見られる病気で、特に男性に多いです。また、高血圧の人(特に最低血圧の高い人)によく起こるため、高血圧性脳出血ともいわれます。日中の活動中に急に意識を失うなど、何の前触れもなく突然起こることが多く、後に、片方の手足の麻痺などの運動障害や言語障害が残ってしまいます。大量に出血した場合には、倒れた時にいびきをかいて、深い昏睡状態に陥ります。

脳梗塞の種類

脳梗塞には、脳血栓症と脳塞栓症があります。脳血栓は、動脈硬化によって太い血管に血液のかたまりができ、徐々に血管が詰まっていって、その先に血液が流れなくなります。これを「アテローム血栓性梗塞」といいます。また、細い血管に起こった場合は「ラクナ梗塞」といいます。脳塞栓は、心臓にできた血液のかたまりが脳まで流れてきて血管が塞がれる「心原性脳塞栓症」があります。

狭心症と心筋梗塞

冠動脈の虚血で起こる心臓の病気

心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈がありますが、この冠動脈が、狭くなったり詰まったりして血液の流れが悪くなると、突然に、胸の痛みなどの発作が起こることがあります。これが、狭心症や心筋梗塞という病気です。この、血液がじゅうぶんに流れなくなる状態を虚血(きょけつ)といい、こうして起こる病気は、虚血性心疾患と呼ばれます。

狭心症や心筋梗塞の発作は、ある時突然起こり死に至ることもある、心臓の危険な病気なのです。

ちなみに、冠動脈から心臓に供給される血液の量は、1分あたりにおよそ250ミリリットルです。これは心臓が送り出す血液量の4パーセントほどですが、酸素の消費量は、全身の消費量のおよそ11パーセントを占めています。このように、休み無く動いている心臓は、安静時であっても、ほかの臓器の3倍近い酸素を必要としています。

狭心症のタイプ

冠動脈が粥状硬化して、動脈内の断面積の70パーセントくらいが狭くなると、血流が悪くなったり、一時的に途絶えてしまうことがあります。こういった虚血状態で起こるのが狭心症です。この狭心症には、何かの動作をした時に発作が起こる労作性狭心症と、何もしていない安静時でも発作が起こる安静時狭心症のふたつのタイプがあります。

狭心症の発作

労作性狭心症では、例えば、階段を駆け上がった時、靴を履こうとして屈んだ時などの動作がきっかけとなって発作が起きます。原因は、動脈硬化で冠動脈が狭くなり、運動時などに心筋が酸素不足になることだとされています。

一方の安静時狭心症では、夜寝ている時など安静にしている時に発作が起きます。安静時狭心症は、冠動脈が強いけいれんを起こすことが原因だとされていて、特に夜間から早朝にかけて多いという特徴があります。

ただ、労作時と安静時のどちらかだけに発作が起こるのではなく、いつ起こるかわからない人もいます。

狭心症の発作が起こると、胸の中央部に締め付けられるような痛みや重苦しさがあります。ときには、顎や首、左の肩や上腕にも痛みを感じることがあります。痛みが続くのは数十秒から数分で、長くても15分ほどです。そして、この痛みは、ニトログリセリンという舌下剤を服用すると治まります。

心臓の筋肉が壊死する心筋梗塞

動脈硬化などで狭くなっている冠動脈に血栓(血液のかたまり)ができ、心筋梗塞が起こります。血栓が詰まってしまった血管の先にある心臓の組織(筋肉)に酸素や栄養が供給されないために、心筋は壊死します。

狭心症の発作の間隔が短くなり回数が増えたり、痛み方が徐々に強くなったりする、発作が起きたときに顔面が蒼白したり嘔吐(おうと)する、こういった症状が出るようになると、心筋梗塞になる可能性が高くなります。

心筋梗塞の発作は、突然に起こることが多く前兆があるとは限りません。しかも、胸の痛みは狭心症とは比べものにならないほどの激痛で、時間も30分くらい続きます。

定期検診で予防する

痛みが何もなかったり、体の調子が悪いと感じなくても、狭心症や心筋梗塞を起こしている場合もあります。40歳を過ぎたら、できるだけ年に1度は健康診断を受けたいものです。定期的に健康診断を受けることが、こういった病気の予防になります。

動脈硬化と高脂血症の治療

まずは食事療法と運動療法

高脂血症(脂質異常症)になる原因には動脈硬化があります。合併症の有無やその病状にもよるのですが、動脈硬化を改善するには、食事療法と運動療法を中心とした一般療法が行われます。3ヶ月、6カ月、または1年ほどかけて一般療法を行いますが、もし良好な効果が得られなかったときには、薬物療法が行われます。ただ、一般療法をやめてしまうわけではなく、薬物療法も併用して行うことになります。

動脈硬化が進行している場合、また動脈硬化の危険因子を多く持っている人の場合には、薬物療法を早めに併用することになります。特に、コレステロールや中性脂肪の数値が低くても、合併症などの危険因子が多い場合は、積極的に薬物療法を行います。

動脈硬化になっていなくても、コレステロールや中性脂肪の数値が高い場合には、薬物療法を行う必要があります。

高脂血症の薬物療法

高脂血症(脂質異常症)の治療を行う薬物療法では、使用する薬の種類は高脂血症のタイプによって異なります。薬物療法を開始するとき、どのタイプの薬を使用するかは、その人の高脂血症のタイプのほか、年齢、性別、症状の程度や合併症の有無も考慮されます。また、血清脂質の治療目標値も変わってきます。

総コレステロール値が高い場合(タイプⅡa)や中性脂肪値が高い場合(タイプⅠ、Ⅳ、Ⅴ)は、それぞれの値を下げるタイプの薬を用い、どちらの値も高い場合(タイプⅡb、Ⅲ)には、両方に効果が見込める薬を用います。

治療に使われる薬には、細胞への脂質の吸収を防ぐための薬や、肝臓などでの脂質の合成を抑えるための薬、肝臓からの排泄を促進させる薬があります。

薬物療法がうまくいくかどうかは、薬の効き目だけでなく、患者の養生の仕方にもかかっています。調子がよいからと勝手に薬の服用をやめてしまうと、数値が急激に上がったり、元に戻ったり、以前より高くなってしまったりなど、リバウンドする危険性があります。

動脈硬化や高脂血症の薬物療法は、狭心症や心筋梗塞などの病気を予防する目的で行われるので、医師の指示に従い、血清脂質の検査を定期的に受けながら、薬と付き合っていかなくてはなりません。