痛風

痛風(つうふう)は中年以降の男性に多い病気として知られていますが、若い人にも見られるようになりました。痛風についての詳細はちら。いつも美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲んでいる人がかかる病気だとされ、昔は「ぜいたく病」などといわれていましたが、生活が豊かになり食生活も変化した日本では、現在では誰でもかかる可能性がある病気なのです。

ビール好きの人には耳の痛いかもしれませんがビールは痛風の大敵です。
働き盛りの中年の男性、女性共に量には注意しなければいけません。

痛風の症状とは

文字どおり、風が吹くだけでも痛いというほどの激痛を伴います。初めて痛風の発作を起こす人のうち70パーセントくらいは、足の親指のつけ根に突然激痛が走るといいます。そして、いったん痛風の発作が始まるとキリキリと痛み、まわりのちょっとした振動などでも痛むといわれます。

痛みがあらわれる代表的な部位は足の親指のつけ根ですが、発作は、そのほかの部位にも起こります。それは、足の甲やかかと、くるぶし、アキレス腱の辺りやひざです。これらのように下半身が痛むことが多いのですが、上半身に発作が起こった場合は、かなり重症な状態のようです。上半身では、手の指、手首、ひじや肩に痛みが出ます。

痛風が進行すると、尿路結石や腎臓病、高脂血症(脂質異常症)などの合併症が起こり、やがては心臓病も引き起こします。

激痛の正体

血液中に尿酸が増えると、過剰な分は関節や腎臓にたまって結晶化します。すると血液中の白血球がそれを異物だとみなし攻撃を始めるのですが、これが、激痛のもとなのです。

痛風の発作は激しくて、体を動かすこともできないくらいの痛みがあると知られています。この激痛は、放っておいても数日~1週間ほどで治まりますが、そのまま放っておくと関節炎を伴って再発する可能性が高くなります。

尿酸は、細胞の新陳代謝の過程で生成される廃棄物のような物質です。体内では常に生成されていて、体外からは食物と共に摂取されています。もとになっているプリン体は、食品やアルコールなどに含まれています。通常、尿や便の中に排泄されますが、何かの原因で尿酸の生成が増えると血液中に尿酸が溶け出し、血中尿酸値が高くなります。

患者は男性がほとんど

痛風になるのは圧倒的に男性が多くて、患者数のおよそ90パーセントを占めています。女性に痛風患者が少ないのは、男性と比べて少ない血液中の尿酸量や、尿酸値を下げる働きがある女性ホルモンのおかげです。代謝性の病気の中で、男性と女性の患者数がこれほど違う病気はありません。

特に痛風にかかりやすいのは、次に挙げるような人です。

  1. 中高年の男性
  2. 大食の人
  3. 飲酒(特にビール)が習慣になっている人
  4. 尿酸値が高い人
  5. 近親者に痛風患者がいる人

痛風を食事で改善する方法はこちらです。

「痛風」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ビールは痛風の大敵 | 食べて健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です