症状を悪化させずに、海外旅行を楽しむコツ

日頃の注意を怠らず旅行でストレス解消を

近年、定年退職後、あるいは有給休暇を利用して海外旅行をする人が増えています。

高尿酸血症・痛風の人も、重度でなければ基本的に旅行などを制約する必要はありません。仕事や時間に追われる生活をしばし離れ、リラックスできる時を過ごすことは、ストレス解消に大いに役立ち、症状の回復にも効果が期待できるでしょう。

ただし、これはあくまで日ごろの習慣や注意事項を守りながら、旅行を楽しんだ場合の話です。日常生活を離れることで、だれしも「今日は特別」と気が緩んでしまいがちです。日ごろの努力をむだにしないためにも、リラックスが生活習慣の乱れにつながらないように心がけながら旅行を楽しみましょう。

飛行機内での体調管理は食事や飲み物に気をつけて

海外旅行でまず注意したいのが、飛行機の中での過ごし方です。アジアなど、短時間で到着する場合は問題ないのですが、アメリカやヨーロッパ旅行などで機内泊をする場合は注意が必要です。長時間のフライトになると、生活のリズムが変わり、健康な人でも体調をくずしがちです。

狭い機内で何時間も座り続け、数時間おきに出される機内食を平らげる。また、なかなか寝つけず、機内で放送される映画を見ながら、退屈しのぎにスナック菓子をぼりぼ…このようなことは一般的によくある風景ですが、高尿酸血症・痛風の人にとっては最悪の過ごし方といえます。
旅の初めから痛風発作を起こし、機内で悲鳴を上げるようなことにならないためにも、次の点に注意してください。

食事

退屈しのぎにスナック菓子などを食べるなどというのは言語道断ですが、定時に出される機内食にも注意が必要です。体を動かさない機内では、いつも以上に食事量を控える必要があります。また国際線の航空会社は、たいてい低カロリー、低脂肪の特別食のサービスを設けています。航空券の予約時にリクエストできるので、ぜひ利用しましょう。

水分補給

高尿酸血症・痛風の人にとって、水分補給が重要であることは前に述べたとおりです。機内はとても乾燥しています。トイレが近くなるからと、水分を控えたりせずに、できれば機内にミネラルウォータを持ち込み、水分をたっぷりとりましょう。ただし、じっと座ったまま水分を多量にとると、下半身がむくみやすくなります。ときどき立って歩き、スペースのあるところで軽いストレッチをすることをおすすめします。

睡眠

機内では時間の感覚が狂い、睡眠不足になりがちです。睡眠不足は、疲れをためるばかりでなく、高血圧の人にとって血圧を上げる要因になります。
また、旅行中に時差ぼけによって生活が不規則にならないためにも、機内にいるときから睡眠のリズムを作っていきましょう。機内の飲み物サービスでは、コーヒー・紅茶は控え、どうしても眠れない場合は、軽い睡眠導入剤を利用するのもよいでしょう。

開放感はほどほどにゆったりした旅行プランを

一般的に、旅行中健康障害を起こす主な原因は、「食べすぎ」「寝不足」「アルコール類の飲みすぎ」といわれます。これは、痛風の人が発作を起こすきっかけとなる行動と合致します。

一概にはいえませんが、海外の料理は日本食に比べて高カロリーです。そのような食事を大量にとれば、尿酸値を一気に上昇させる恐れがあります。
また、ヨーロッパなどにはアルコール度の高いお酒が数多くあります。高尿酸血症・痛風の人にとっては注意が必要です。現地の名物料理を、珍しいお酒と一緒にたっぷり味わうことを旅行の醍醐味などとせずに、ゆっくりと異国の街を散策したり、自然に触れて、心身をリラックスさせるような旅にしましょう。

また、せっかくの旅行だからと、旅行のスケジュールをいっぱいに詰め込み、帰国するころには大疲れ、ということはよくある話です。疲れたらひと休みできるくらいの余裕のあるスケジュールを組みましょう。

もうひとつ、現地での注意事項として心にとどめておくべきことは、水分補給が必要だからといって、水道水を生で飲まないことです。日本は、水道水が生で飲める世界で数少ない国のひとつです。海外では、基本的にミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください