減塩のための調理の工夫

高血圧による合併症を防ぐためには毎日の食事を薄味(減塩)にすることが大切です。ちょっとしコツがあるので意識していくと減塩は必ず成功できます。

ゆっくり塩分を減らしていくのが減塩を確実に成功させるコツ

健康のために減塩を実行しようと思っても、ただやみくもに食塩を控えたのでは料理が味けなくなるだけです。これでは食事の基本的な要素である味わい、食べる楽しみを欠いてしまい、減塩の努力も長続きしません。

減塩をするときにまず大切なのは、急激に食塩の使用量を減らさないで、少しずつ減らしていくことです。遠回りに思えても、少しずつ薄味に慣れていくようにするのが、減塩を成功させる一番の近道です。
急な減塩、きつい減塩は成功率ゼロと思ってください。

調理、調味をひと工夫して、無理なく、上手に減塩

もちろん、どのようにすれば少ない塩分で料理のおいしさを引き出すことができるかを考えることも大きなポイントです。たとえば、新鮮な食材を使うと、あまり調味料を使わなくても、素材そのものの持ち味でおいしく食べることができます。

また、調味するタイミングを少し変えるだけで、昧が中までしみこまず、実際に摂取する塩分が控えらます。表面に塩味がついていますから、味覚的にはこれで十分満足できるのです。

このように、クッキングテクニックを駆使すれば、いくらでもおいしい減塩料理、薄味料理はできます。「塩分を控えた料理はまずい!」と思い込んでいる人は、すぐにその先入観を捨てることです。以下に示した10 のテクニックを参考に、おいしい減塩料理に挑戦してください。

おいしい減塩料理をつくるための10のポイント
  1. 鮮度のよい素材を使う(できれば旬のものがベター)
  2. 調味料はきちんと計量して使う(減塩・低塩調味料も味方に)
  3. 天然の食材でとった濃いめのだしを使う
  4. 、酢、かんきつ類、ヨーグルトなどの酸味で味を引き締める
  5. 香辛料、薬味、種実などで味にアクセントをつける
  6. 焦げ目、色つけで実際より味が濃いように見せる
  7. う由で香りやコクをプラスする(ただし、油は使用量に注意)
  8. 汁ものは具だくさんにする
  9. 焼きものは焼く直前もしくは焼き上げてから調味する
  10. 喧煮ものは材料に火が通ってから調味料を加える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください