大好きな肉を減らし旬の野菜を食べるようにする

40歳を過ぎたら肉より魚を選ぶ

かつて、魚は日本人のたんばく質源として最も一般的なものでした。ところが、食生活の欧米化とともに、魚離れの傾向が見られるようになっています。

尿酸値の高い人にはとくにその傾向が強く、肉料理か魚料理かとなるとどうしても肉料理を選んでしまいがちですが、魚はたんばく質だけでなく、各種のビタミンやミネラルの供給源としても貴重です。

動脈硬化性疾患の予防に有効なIPA(エイコサペンタエン酸)、認知症予防効果などが期待されるDHA(ドコサヘキサエン酸)、血中コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やしたり、血圧を正常に保つ働きをするタウリンといった成分も含まれています。肉に比べて総じてプリン体含有量が少なく、エネルギーも低いという魅力もあります。

DHA・EPAの効能について詳しくはこちら。

もちろん、肉は絶対にいけないというわけではありません。部位を選ぶ、調理法や食べ方を工夫するなどの方法で、プリン体やエネルギーもある程度カットすることは可能です。しかし、尿酸値の高低にかかわらず、40歳を過ぎたら肉を食べる回数を減らし、魚料理中心の献立にするのが賢明といえるでしょう。

健康食の魚料理も鮮度や食べる量などに注意

魚の健康効果の高さは万人が認めるところですが、とり方によっては逆にマイナスにしまうこともあります。魚を食べるときにも、ちょっとした注意が必要です。

次のようなポイントを押さえて、上手に健康の味方につけましょう。旬の魚を使う旬のものは安価で栄養豊富。食卓に季節も運んでくれます。積極的に利用しましょう。また、魚でも干物は塩分やプリン体が多くなるので、控えめにしましょう。

鮮度に注意

鮮度が落ちて魚の脂肪が酸化してしまうと、生活習慣病を予防するどころか、反対に生活習慣病を促進する結果を招きかねません。鮮度には細心の注意を払いましょう。

1日100グラムを目安にする

低エネルギーといっても、食べすぎたのではエネルギーオーバーになってしまいます。量としては1日100グラムが目安になりますが、まぐろのトロ、うなぎなど脂肪の多い魚は極力控えるか、食べても1日50グラム程度にしておくのが無難です。

内臓を取り除いて食べる

魚の内臓には、プリン体やコレステロールがたくさん含まれています。尿酸値の高い人、生活習慣病が気になる人は、内臓を丁寧に取り除いて食べるようにしましょう。

魚卵などは極力控える

魚介で意外にもプリン体が多いもの

魚の内臓と同じ理由で、たらこ、すじこ、かずのこなどの魚卵やうに(卵巣)なども控えめにしましょう。

  • まぐろのトロ
  • 穴子
  • 子持ちししゃも
  • めざし
  • たらこ
  • いくら
  • 数の子
  • あんきも
  • うに
  • かに
  • えび
  • いか
  • たこ
  • 貝類

肉を食べるならしゃぶしゃぶがおすすめ

肉のプリン体やコレステロール、脂肪が怖い! だけど肉が食べたい!こんなジレンマに苦しんでいる人のために、上手な肉の食べ方をご紹介しましょう。
それは「しやぶしやぶ」です。熱湯に通すことで、肉の中のプリン体が湯に溶け出し、肉のプリン体含有量をかなり減らすことができるのです。

もちろん、コレステロールや脂肪もカットできます。野菜も一緒にたっぷり食べられるというメリットもあります。しゃぶしゃぶにすると、仕上げに肉汁の出たおいしいスープを作ってみたくなるところですが、ここはぐっと我慢しましょう。肉に含まれるマイナスのエキスを飲んでしまうとせっかくしゃぶしゃぶにした意味がなくなるばかりか体にはマイナスしかありません。

食習慣をストレスなくかえる11のポイントはこちら。