痛風と間違えやすい病気

適切な検査を受ければ、誤診の心配はほとんどない

ある日突然、足の親指のつけ根に耐えがたい激痛が走る…痛風発作はきわめて特殊な病気と思えますが、意外にも間違いやすい病気はいくつかあります。

しかも驚いたことに、専門医でも診断に迷うような症状もありますから要注意です。もちろん、最近は、医療技術が向上し、検査機器なども長足の進歩を遂げていますから、誤診の危険性はまずありませんが、いずれにせよ、しっかりした検査を受けることが大切です。
痛風とよく似た症状の病気には次のようなものがあります。

外反母趾

外反母趾は足の親指が外側に反って曲がり、つけ根の関節部分が腫れ上がる症状をいいます。腫れる場所が痛風と同じで」しかも重症になると激しい痛みを伴うのもそっくりなため、素人判断で間違うことがよくあります。

これは、きちんとした検査を受ければ、すぐに判別できるものです。外反母址は遺伝的な要素もありますが、多くは運動や靴が原因とされています。
バレーボールのスパイクのように、高くジャンプして同じ姿勢で着地するような動作を何度もくり返すと、足のつま先に大きな負担がかかり、外反母祉を誘発します。
また、特に女性の場合は、幅が狭いうえにかかとの高い靴をはくため、つま先が常に圧迫され、外反母址の原因になります。

関節に痛みが出る病気は精密な検査が必要

関節リウマチ

リウマチ性の病気は関節に痛みが発生するため、痛風と間違えられやすいのですが、特にまぎらわしいのは関節リウマチです。発症の原因がまだ解明されていないこともあり、十分な検査が必要になります。

痛風と関節リウマチの見分け方の大きなポイントは次の3点です。まず痛風発作の痛みはほとんどの場合、1ヶ所で起こりますが、関節リウマチは体の左右対称の部位など、2ヶ所以上で同時に起こることが多いのが特徴です。
痛みの症状も、痛風発作の痛みは突然激しく襲ってくるのに対し、関節リウマチはジワジワと徐々に強くなっていくのが普通です。
また、初めての痛風発作は足の親指のつけ根など、主に下肢部分に起こりますが、関節リウマチは手、指、ひじなど上肢部分に起こることが多くなつています。このほかに、痛風患者の90%は男性ですが、関節リウマチは60~70%が女性に発症することも見分けるポイントになります。

「偽痛風」は関節部にカルシウムが沈着して起こる

仮性痛風

仮性痛風は「偽痛風」とも呼ばれ、関節が急に痛み出したり、1週間ほどで治まったりと、その名のとおり痛風と非常によく似た病気です。

痛風は尿酸が関節部にたまって発症しますが、仮性痛風はカルシウムが沈着することで起こります。結晶は尿酸の針状に対し、カルシウムはひし形で、レントゲン検査で判定できます。
見分けるには、痛風の場合は痛み足の親指のつけ根など1点に集中するのに対して、仮性痛風の場合は、足全体の関節部に起こる、高齢者に多く、男女差なく起こる、などがポイントになります。

このほか、関節の老化によって起こる変形性関節症、細菌の感染で関節内が化膿する化膿性関節炎なども痛風と間違えやすい病気です。

高風発作はここで見分けるJ
痛風を起こしやすい性別・年齢

90%が男性に起こる。年齢は30 ~50代が多い。女性の場合は外反母祉、関節リウマチ、仮性痛風なども疑ってみる。

痛みが起こる場所

痛みは1ヶ所で起こる。下肢部分がほとんど。2ヶ所以上、上肢部分が痛む場合は、関節リウマチの可能性あり。

痛みの症状

ある日突然、急に激しい痛みに襲われる。ジワジワと徐々に強くなっていくタイプの痛みは、関節リウマチに多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください