地道な生活習慣の改善で尿酸値を下げ、合併症を予防する

必要以上に恐れず、定期健診で尿酸値をチェック

ある日突然、何の前ぶれもなく、激しい痛みが襲ってくる。しかも、治療をしないでほうっておくと、命にかかわる重大な合併症を引き起こす。聞いてだけで、恐ろしくなります。

痛風にだけはなりたくない、尿酸値が高くなったらどうしよう…そんな気持ちにとらわれてしまいます。しかし、必要以上に恐れることはありません。

痛風・高尿酸血症は、体内の尿酸の量の増加によって起こるなど、発症のメカニズムも解明されています。がんやHIV(エイズ)のように、確実な治療法がまだ十分には解明されていない病気ではないからです。根治させる薬はまだありませんが、原因となる尿酸値を正常値まで下げる薬はすでに開発されています。薬物療法を行いながら、生活習慣の改善を実践していけば、十分に予防・改善できる病気なのです。

痛風・高尿酸血症の治療に使われる薬について

そのためにも第一に必要なのは、自分の尿酸値がどれくらいなのか、しっかり把握しておくことです。もし、定期的な健康診断を行っていないのであれば、最低でも年に1回は受けるようにし、他の検査結果も含め、自分の尿酸値のレベルを常にチェックするようにしましょう。
多くのサラリーマンは会社で定期検診を実施しますが、自営業の方の場合、これを行わない人も多いので注意が必要です。

食事を中心にした生活改善が尿酸値コントロールの基本

健康診断で、尿酸値が高めと指摘されても、あわてることはありません。そのときの数値によって対応は異なりますが、医師の指導を受けながら、冷静に対処してください。
痛風・高尿酸血症の治療は、食事療法を中心にした「生活改善療法」と、薬を服用して尿渡値を正常範囲内にコントロールしながら薬物療法を行うのが中心です。

まず、生活改善療法ですが、これは尿酸値が高いとわかったらすぐに開始するのはもちろん、尿酸値の高低にかかわらず、健康を維持・増進するために常に心がけたいものです。

現代人の生活習慣は尿酸値を上昇させる危険因子であふれています。自分ではごく普通に生活しているつもりでも、気づかないうちに尿酸値を上昇させてしまっていることがありますから、まずは生活習慣全般をじっくり見直すことが必要になります。正常範囲を多少超えた程度の尿酸値なら、生活改善を行うことで正常範囲内に戻すことは決して難しくありません。生活改善こそ痛風・高尿酸血症を治療する基本と心得ましょう。

生活改善で尿酸倍が正常になっても、油断は禁物です。継続していかなければ、尿酸値はすぐに上昇に転じます。尿酸値を正常範囲内にコントロールするためにも、他の生活習慣病を防ぐためにも、生活改善を続けることが大事です。

薬の投薬がはじまっても生活習慣の改善は地道に続ける

薬物療法は医師の判断で開始しますが、主に尿酸値が異常に高く、このままでは痛風発作が避けられない場合や、生活改善をしても当分は尿酸値の低下が困難と思われる場合に行われます。

薬物療法は多くの場合、いったん始めると長期間におよびます。医師の指示を守って、根気強く続けることが大切になります。薬物療法を始めると、尿酸値は簡単に下がるため、生活改善を怠る、やめてしまう人が出てきますが、これは禁物。生活改善はあくまで治療の前提です。痛風治療は、長い目で根気よく取り組む姿勢が不可欠です。