子供の成人病の危険

子供の肥満と成人病の関係が明らかになっていて、現在肥満の子供は、将来には心臓血管系の病気にかかる確率が高いことがわかっています。

肥満の子供の増加

日本では子供の脂肪摂取量が、目安とされる30パーセントを1980年代から超えて、その割合は現在でも増えています。このような肥満ぎみの子供や、既に肥満になっている子供は、将来に心臓血管障害を起こす傾向が高いことが明らかになっていて、それとともに、子供の成人病(生活習慣病)が増加する傾向にあります。

子供の生活習慣の問題点

それでは、肥満の子供が増えているのは何故でしょうか。それは、まず、日本人の生活が豊かになり、食べ物が欧米化してきたことにあるでしょう。これは、当然大人にも当てはまります。欧米型の食事では、どうしても脂肪分の高いものが多く、カロリーも増えます。

また、幼い頃から習い事をしたり学習塾へ通ったりするために、食事が不規則になるようなことも原因です。手軽に何でも食べられるコンビニエンスストアやファストフード店のもので済ませてしまい、肥満につながる食品を口にしているのです。

次に、子供たちが外で遊ぶことが少なくなったことです。つまり、ゲームやインターネットに夢中で、屋外で元気よく走りまわることがなくなった子供たちは、大人と同じで運動不足になっています。

このように、現代の社会的背景も、子供の肥満に大きな影響を及ぼしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です